2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.10.15 (Sun)

2006バルト三国旅行記(その16) - ヴィリニュスの風景(9月9日)

職場のシステム、やっと復旧しました。疲れ果ててボロボロになってました。
前回の記事の続きです。


◆ヴィリニュスの街並みからリトアニア人の気質を考えてみる
写真を撮りまくっているせいで、デジカメのSDカードの容量不足に苦しんでいた。旅行が始まってまだ3日目だというのにこれだ。ピリエス通りへ戻るとカメラ屋さんを見つけたので、SDカードをチェックしに入ってみた。店員さんに尋ねると2GBのカードがあるというが、現金が足りなくて買えない・・・トホホ。カード決済すればいいのだが、極力カードは使わないようにしているので、お金を用意してまだ後で来ることにする。
特に行くあては無いのだが、とりあえずヴィリニュスの中心街であるゲディミノ通りへ向かって歩く。当たり前の道を通って行っても面白くないので、ちょっと裏路地へ入ってみる。地図を頭の中に叩き込んでいるので迷う心配は無い。

旧市街地のメインストリート、ピリエス通り
 旧市街地のメインストリート、ピリエス通り

大統領官邸
 大統領官邸

裏路地に入ると、こんな感じです
 裏路地に入ると、こんな感じ


裏路地を抜けて大聖堂の前までやってきた。ヴィリニュスのランドマークであるこの建物は、元々はリトアニアがキリスト教化した13世紀に建てられたものだが、現存しているこの建物は18世紀に大改築されたもの。屋根の上にある像はリトアニアを守護する聖人のもので、ソ連時代には撤去されていたそうだ。リトアニアの守護聖人は確か聖カジミエルだったと記憶しているが、屋根の上にある像は三つ。他の二人は誰だ?
去年の夏に来たときも改築工事をしていたが、1年経ってもまだ終わっていない・・・。その横に王宮を復元している最中なのだが、こっちはだいぶ建築が進んでいた。さらにその裏にある丘を登るとゲディミナス塔がありヴィリニュス市街を一望できるのだが、去年行っているので今回はパス。

大聖堂の前には広場があり、いつ来ても市民がくつろいでいる風景を見ることができる。例の市民マラソンはここがスタート/ゴール地点で、ランナーが続々とゴールしているのが見える。その横には何やら子供向けのアトラクションがあり、大勢の人が詰め掛けている。
大聖堂の中へ入ると、またもや結婚式に遭遇した。ちょうど式が終わって新郎新婦が退場するところだった。中にも礼拝堂やら色々と見どころはあるのだが、ここも去年見ているのでパス。

大聖堂(側面から撮影)
 大聖堂(側面から撮影)

大聖堂(正面から撮影)
 大聖堂(正面から撮影)


歩きづくめで足が痛くなったし、SDカードを買うのに金を調達する必要があるので一旦ホテルに戻ることにする。天気は良いけど寒いんだよなぁ・・・。街行く人達も秋ものを着ている。バルトの9月はもう秋だった。

写真を見てもらえれば分かると思うが、ヴィリニュスはタリン(エストニア)やリガ(ラトビア)と違って尖がった屋根を持つゴシック様式の建物は少ない。タリンやリガはハンザ同盟のドイツ商人が作った街だが、ヴィリニュスは違うので当然といえば当然か。しかも、柔らかい色使いの建物が多く、街中に教会があるのですごく穏やかな印象を受ける。実際、リトアニア人はおっとりした感じの人が多いような気がする。
そんなリトアニアだが、バルト三国で一番過激な民族主義を持つのはこの国なのだ。第二次世界大戦時にはソ連相手に一番最後まで併合に反対し、そのソ連の支配力が弱まった際には真っ先に独立を宣言している。死んだ人間の数も半端ではない。おっとりしてるようで芯が強い印象を受けるのはそのせいだろうか。

関連記事

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 海外情報

05:22  |  2006バルト三国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://powerpopisland.blog68.fc2.com/tb.php/99-57e90033

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。