2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.09.20 (Wed)

2006バルト三国旅行記(その1) - プロローグ

2ヶ月前に台湾へ行ったばかりだというのに、今度は約7,000km彼方のバルト三国への旅立ちである。台湾旅行は臨時的に転がり込んできた休みと金を利用したもので、本命はこっち。4ヶ月も前から準備していた。
旅行記の前に少々説明をば。


◆バルト三国ってどこ?

と思う人も多いだろうから、簡単に説明しておこう。
バルト三国とはリトアニア、ラトビア、エストニアの三ヶ国のことで、スウェーデンからバルト海を挟んだ反対側に位置する。三つ全部合わせても面積17.4万k㎡(日本の半分程度でウルグアイとほぼ同等)、人口707万人(日本の1/20程度でスイスより少し少ない)という小国だ。
にもかかわらず、ロシア、スウェーデン、ポーランド、さらには少し離れてドイツと大国に囲まれている訳で、これらの大国に翻弄された歴史が繰り返されてきた。第一次世界大戦終結直後の混乱期にこの三国はそれぞれ独立するが、1940年には「モロトフ=リッベントロップ協定(ナチス・ドイツとソ連が結んだ密約)」の犠牲となり、1991年に再独立を果たすまでソ連の一部となっていた。ソ連に併合されたのみならず、併合の際に抵抗していることから「人民の敵」として数十万人の市民がシベリアに流刑となっている。

この三国はいずれもスラブ人の国でもなければ東方正教の国でもない。リトアニアとラトビアはバルト人の国で、エストニアはフィンランドと同じフィン・ウゴール系民族の国。宗教は、リトアニアはカソリックだし、ラトビアとエストニアはルター派のプロテスタントが主流。
民族も宗教も違い、歴史的に見てもベラルーシやウクライナのようにロシア領だった時期が長いわけでもない。というわけで、1980年代末期にソ連が弱体化すると彼らは独立運動を開始し、ソ連崩壊への引き金を引いた。
1991年に再独立を、2004年にはEUおよびNATO加盟も果たし、ドイツやフランスと何ら立場が変わらない西欧の一員となった。おかけで、旧ソ連の国にも関わらず日本人はビザなしで行くことができる。

バルト三国概況(外務省ホームページ)
エストニア
ラトビア
リトアニア

バルト三国位置図


◆で、なんでバルト三国?

にゃおんちゃんは100%反共のくせに東欧&旧ソ連諸国が好きなのだ。いつか全部訪問してやろうと思っているくらいだ。バルト三国はビザなしで簡単に行けるうえに、治安も良く物価も安く英語も通じる。しかし来年にユーロ導入を控えており、行くなら今しかないと思った。ユーロが導入されたら物価が跳ね上がるに決まっている。
さらに、昨年の夏にウクライナ、ベラルーシへ行った際についででリトアニアに立ち寄ったところ、美しい街並みと穏やかながらも芯の強いリトアニア人の気質に惚れこみ、すっかり魅了されていた。ウクライナ、ベラルーシというソ連臭のプンプンするダメ国(特に後者)を訪れた後だっただけに、駅から一歩外へ出た瞬間「あー、やっと普通の国に戻ってきた」とホッとした記憶がある。実際には普通の国どころか、にゃおんちゃんが滞在した首都ヴィリニュスは旧市街地が丸ごと世界遺産に登録されるくらい素敵な街なのだ。あの日以来、ヴィリニュスは我が心の故郷となった。

というわけで再度リトアニアへ、そして前回行けなかったラトビアとエストニアへも行ってやろうと思ったわけだ。本当はモルドバ(とその隣にある変な国「沿ドニエストル共和国」)~ウクライナと旅行してやろうと思っていたのに、その両国に住む友人が二人揃って(留学やら出稼ぎやらで)日本に来てしまうという想定外の出来事があり、ボツになったという事情もあった。

そういうわけで行ってきましたよ、バルト三国。
今回は前ふりだけで終了。実際の旅行記は次回から。

関連記事

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

19:15  |  2006バルト三国  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

無事のご帰還で何より。お風邪の具合はその後如何でしょうか。
貧乏靴下 |  2006年09月21日(木) 01:58 |  URL |  【コメント編集】

ご無事に帰国されたようで、
おめでとうございます。

旅行記を楽しみにしておりました。。
度々通りすがりでスイマセン |  2006年09月21日(木) 12:45 |  URL |  【コメント編集】

「バルトの風」を感じに行ったのに、「バルトの風邪」を拾って帰ってきました。
変な咳が止まりません。しかも時差ボケでつらひ・・・。
にゃおんちゃん |  2006年09月21日(木) 20:31 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://powerpopisland.blog68.fc2.com/tb.php/84-f432edfc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。