2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.06.27 (Tue)

ショフコフスキーは神! ウクライナ、ベスト8へ進出!

PK戦までもつれ込みましたが、スイスに勝ちました!
これでベスト8進出です。凄いぞ、ウクライナ!

この試合のウクライナはルソル&スヴィデルスキーの両CBを累積警告で欠き、本職はボランチのグシンと、スペイン戦でフェルナンド・トーレスに散々振り回された末に退場に追い込まれたヴァシュクが代役を務めるという誰が見ても不安な布陣。さらに中盤もレブロフに代えてヴォロベイを起用してきました。
フレイはともかくとして、スピードのあるヤキンにズタズタにされるのではないかと恐れていたのですが、何とか無失点で切り抜けました。

延長戦でも決着がつかず、今大会初のPK戦に突入。
ここで1番手のシェフチェンコがいきなり失敗するというアクシデントがあったのものの、続くミレフスキー、レブロフ、グゼフがきっちり決め、さらに守護神ショフコフスキーが2本も止めるという大当たりぶりを見せ、辛くも勝利。

何とか勝利しましたが、チュニジア戦と同様とにかく点が取れない・・・。頼みのシェフチェンコは決定的な仕事は殆どできず、シュートは3本のみ。相方のヴォロニンも殆ど何もできず。ただし、途中から出てきたミレフスキーが良い動きをしていたので、次戦ではラッキーボーイとなるかもしれません。
とはいえ、次の相手はイタリア。守らせたら世界一です。あんな貧弱な攻撃じゃ苦しいなぁ・・・。

 輪になり喜ぶウクライナ選手たち

ここまでは対戦相手に恵まれた部分が大きく、次のイタリア戦がこのチームの正念場となります。初戦のスペイン戦は0-4で木っ端微塵にされているので、「なんだ、組み合わせに恵まれただけじゃん」と言われないためにも、次は内容のあるサッカーを見せる必要があります。

にゃおんちゃんとしては、次の試合は負けてもいいので、そのかわり「どうだ、これがウクライナだ!」と胸を張れるようなサッカーをして欲しいと思います。次はルソルも帰ってくるのでベスト・メンバーで臨めますし。

それにしても、グシンをCBに起用しなければいけないところにこのチームの層の薄さが表れてます。確かにグシンはフィジカル・コンタクトも空中戦も強い選手ですが、本職のチグリンスキーやヤツェンコは、「どうして俺を使わないんだ!」と思ってるでしょうね。
とはいえ、まともに試合に出たことが無い選手だからねぇ・・・。攻撃ならともかく、守備には怖くて使えないわな。

とにかくショフコフスキーに助けられた一戦でした。
関連記事

テーマ : 2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル : スポーツ

19:20  |  狂乱のサッカー観戦  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

PK戦の時はドキドキして見てました。
ウクライナって初出場でしたっけ・・
ベスト8へ進出ってほんと凄いよ!
ニーナ |  2006年06月29日(木) 01:10 |  URL |  【コメント編集】

●ニーナさんへ

友達のウクライナ人も大喜びでした。まあ、初出場とはいっても、ソ連時代には名将や名選手を輩出した国ですからね。
無失点のまま敗退したスイスもちょっと可哀想でしたね。

私信ですが、連絡取れなくて困ってます。何とかしてください。w
にゃおんちゃん |  2006年06月30日(金) 00:14 |  URL |  【コメント編集】

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2006年06月30日(金) 20:12 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://powerpopisland.blog68.fc2.com/tb.php/56-1a9baa13

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。