2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.06.04 (Sun)

ウクライナ代表はワールドカップ制覇も可能だ!(ウクライナ代表の紹介:その1)

挑発的なタイトルですが、にゃおんちゃんが言ったんじゃないですよ。ウクライナ代表のブロヒン監督が言ったんですよ。

今回はウクライナ代表の選手達を紹介します。
それでは、その前にえらく自信のある発言をした監督から紹介しましょうかね。


◆オレグ・ブロヒン監督(53歳) : 現役時代は「ウクライナの矢」と呼ばれた偉大な選手
オレグ・ブロヒン現役時代にはディナモ・キエフで活躍し、旧ソ連リーグで7回優勝するなどディナモ・キエフの黄金期を支えた左ウィング。ソ連代表として112試合42得点という成績を残している他、クライフやベッケンバウアーの全盛期だった1975年にはバロンドール(欧州最優秀選手)も受賞している。ウクライナどころか、ソ連のサッカー史に残るスーパースター。

現役引退後は長年ギリシャのクラブチームで指揮を取っていたが、2003年にウクライナ代表監督に就任。ルソルやイェゼルスキーといった無名の選手を抜擢する一方でレブロフやフシンといったベテランを再生させ、前回大会3位の強豪トルコとの激しい戦いを勝ち抜いて、ウクライナ代表をドイツに導いた。

シェフチェンコですら「偉大な先輩ですから」と頭が上がらない存在だが、結構短気な性格の持ち主で、逆らう奴は主力選手といえども容赦なくチームから放り出す怖い人。
実はウクライナの国会議員でもあるのだが、代表監督との兼務が問題になると「代表監督の報酬は返上するから、俺にやらせろ」と言って一件落着。


◆ウクライナ代表 2006ドイツ・ワールドカップ本大会出場メンバー

GK  1 アレクサンドル・ショフコフスキー : リーグNo.1のベテランキーパー

アレクサンドル・ショフコフスキー
生年月日 : 1975年1月2日(31歳)
所属クラブ : ディナモ・キエフ
身長・体重 : 191cm / 86kg
国際Aマッチ出場数・得点 : 65試合0得点


ウクライナ代表の守護神。
ディナモ・キエフでは10年以上も正キーパーの座を守り続けており、ベストGKにも4度選出されている。ディナモ・キエフのみならずウクライナ・リーグを代表する選手といえる。もちろん、代表でも1994年以来誰が監督になろうとも常に代表に召集され続けている。

今年の1月に鎖骨を骨折してブロヒン監督を慌てさせたが2ヶ月で復帰しており、現在のコンディションは全く問題ない。素早いフィードが特徴で、彼がカウンターの基点となることも少なくない。


GK 12 アンドリー・ピヤトフ : U-21代表の正キーパー
アンドリー・ピヤトフ
生年月日 : 1984年6月28日(21歳)
現所属クラブ : ヴォルクスラ・ポルタヴァ
身長・体重 : 190cm / 78kg
国際Aマッチ出場数・得点 : なし


今まで第2キーパーとしてベンチ入りしていたヴィタリ・レヴァ(ディナモ・キエフ)が落選したため、本大会では彼がその役を務める。
Aマッチのキャップ数は0だが、U-21代表の正キーパーなので国際経験はそれなりにある。とはいえ、ヴォルクスラ・ポルタヴァでも試合に出るようになったのは最近のことなので、絶対的な試合経験が足りない。
にゃおんちゃんも、どんな選手なのか全然知らない。


GK 23 ボフダン・シュスト : 誰もがメンバー入りに驚いたU-20代表のキーパー
ボフダン・シュスト
生年月日 : 1986年3月4日(20歳)
現所属クラブ : シャフタール・ドネツク
身長・体重 : 189cm / 83kg
国際Aマッチ出場数・得点 : 2試合0得点


これまで代表に召集されていたレヴァ、スタルツェフ(クリフバス・クリボイログ)、ケルノゼンコ(ドニプロ)が落選し、シャフタールでも殆ど試合に出ていない若干20歳の彼が第3キーパーに選ばれた。U-20代表の正キーパーとして2005年のワールドユースに出場しているものの、誰もが驚いたのは言うまでもない。
本大会出場権獲得後のテストマッチで起用され、そこでのプレーが評価されてドイツ行きの切符を勝ち取った。


DF  2 アンドリー・ネスマチニー : 絶好調のときは誰も止められない左サイドの彗星

生年月日 : 1979年2月28日(27歳)
現所属クラブ : ディナモ・キエフ
身長・体重 : 182cm / 72kg
国際Aマッチ出場数・得点 : 45試合0得点


豊富な運動量と鋭いアーリー・クロスが武器の左サイドバック。俊足で守備も上手いので、3バックを採用した際には彼が左ストッパーを務める。
ブロヒン監督就任以来一貫して起用され続けており、このチームでは替えが効かない選手のひとりとなっている。


DF  3 アレクサンドロ・ヤツェンコ : 緊急招集されたU-20代表のストッパー
アレクサンドロ・ヤツェンコ
生年月日 : 1985年2月24日(20歳)
現所属クラブ : ハリコフ
身長・体重 : 180cm / 75kg
国際Aマッチ出場数・得点 : 1試合0得点


ベテランDFのセルゲイ・フェドロフ(ディナモ・キエフ)が全治3ヶ月の負傷で戦線離脱。代役として緊急招集されたのがこの選手。
U-20代表ではキャプテンを務め、シュストと共にワールドユースに出場している。

今のところ唯一となっているAマッチのキャップは、昨年10月の日本戦で記録したもの。資料をひっくり返して確認してみると確かに出場していたが、どんな選手だったか全然思い出せないのは言うまでもない。


DF  5 ヴラディミール・イェゼルスキー : 激しくもフェアなプレーが身上の守備職人
ウラジーミル・イェゼルスキー
生年月日 : 1976年11月15日(29歳)
現所属クラブ : ドニプロ
身長・体重 : 183cm / 77kg
国際Aマッチ出場数・得点 : 21試合0得点


1998年に初召集されるも、長年控えの存在だった。しかし、ブロヒン監督はドニプロでの彼のプレーを見て右サイドバックとして抜擢し、それ以来不動のレギュラーとなっている。
守備力に長けており、鋭いタックルが武器。空中戦にも強く、ヤープ・スタム(元オランダ代表)を彷彿させる。また、フィードも正確なので、後方からのロングパスで攻撃を組み立てることも可能。


DF  6 アンドリー・ルソル : 最終ラインを統率するウクライナの新星

生年月日 : 1983年1月16日(23歳)
現所属クラブ : ドニプロ
身長・体重 : 182cm / 75kg
国際Aマッチ出場数・得点 : 20試合1得点


ウクライナの未来を担う若きスイーパー。地元以外ではあまり知られていない選手だったが、ブロヒン監督が抜擢すると一気にレギュラーの座をつかんだ。
体格を生かしたマンマークや空中戦のみならず、頭が良いのでポジショニングも良く読みも鋭い。年は若いながらも、彼がウクライナの最終ラインを統率する。

昨年の夏にはスパルタク・モスクワからオファーがあったが断っている。ワールドカップ終了後にはビッグ・クラブへ移籍しても不思議ではない。


DF 13 ドミトロ・チグリンスキー : レンタル先でのプレーが認められて大抜擢
ディミトロ・チグリンスキー
生年月日 : 1986年11月7日(19歳)
現所属クラブ : シャフタール・ドネツク
身長・体重 : 190cm / 81kg
国際Aマッチ出場数・得点 : なし


シュストと同様、所属クラブでも殆ど試合に出ていないのにブロヒン監督が抜擢して周囲を脅かせた選手。
U-21ウクライナ代表のレギュラーとはいえ、シャフタールはUEFAカップにも出場するウクライナ国内でも有数の強豪なので、若手がいきなり試合に出られるほど選手層の薄いクラブではない。というわけで、彼は出場機会を求めて昨シーズンはメタルルグ・ザポリージャという舌を噛みそうな名前のチーム(一応ウクライナ1部リーグ所属)へレンタル移籍するのだが、そこでのプレーが認められて代表に召集された。

とにかく、ブロヒン監督は素質があると思ったらロクに試合に出てない若手を平気で召集するので、驚かされることが多い。ただし、最終ラインは滅多にいじらないので、彼は未だ出場機会は無い。


DF 17 ヴラディスラフ・ヴァシュク : 若いDF陣を影から支えるベテラン・スイーパー
ウラジスラフ・ヴァシュチュク
生年月日 : 1975年1月2日(31歳)
現所属クラブ : ディナモ・キエフ
身長・体重 : 180cm / 72kg
国際Aマッチ出場数・得点 : 56試合1得点


Aマッチ出場56試合のベテラン・ディフェンダー。近年は負傷続きで代表とは疎遠になっていたが、見事代表復帰も果たした。
前回・前々回のワールドカップ予選ではレギュラーとして活躍しているが、今回はルソルのバックアッパーとなる。とはいえ、つい2年前までスパルタク・モスクワでプレーし、現在でもディナモ・キエフで活躍しているので衰えてはいない。
さすがにスピードは落ちているが、ベテランらしい老獪な守備を見せる。


DF 22 ヴィアチェスラフ・スヴィデルスキー : ウクライナの必殺仕事人
ヴィアチェスラフ・スヴィデルスキー
生年月日:1979年1月1日(27歳)
現所属クラブ : アルセナル・キエフ
身長・体重 : 185cm / 80kg
国際Aマッチ出場数・得点 : 4試合0得点


長年ロシアでプレーしていたせいか代表とは無縁の選手だったが、ワールドカップ予選でいきなり起用されると、そのまま代表に定着した。
対人能力の高さがずば抜けており、本大会でもマンマーカーとしての起用が予想されていたが、フェドロフの負傷によってレギュラーとなる可能性も出てきた。



今回はここまで。MFとFWは次回に紹介します。

関連記事

テーマ : 2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル : スポーツ

16:40  |  狂乱のサッカー観戦  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://powerpopisland.blog68.fc2.com/tb.php/47-9993d48f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。