2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.02.05 (Tue)

本日の鹵獲品(WHITE TIGER / WHITE TIGER)

 WHITE TIGER / WHITE TIGER (1986)

White Tiger
 1.Rock Warriors
 2.Love / Hate
 3.Bad Time Coming
 4.Runaway
 5.Still Standing Strong
 6.Live To Rock
 7.Northern Wind
 8.Stand And Deliver
 9.White Hot Desire
10.Rock Warriors (Remix)
Produced by Mark St.John
Performed by David Donato(Vo), Mark St.John(G), Michael Norton(B), Brian James Fox(Ds)

WHITE LIONではありません、WHITE TIGERです。
イアン・ギランの後任として一瞬だけBLACK SABBATHにいたデヴィッド・ドナートというボーカリストと、ヴィニー・ヴィンセントの後任としてKISSに加わり、「ANIMALIZE」に参加しながらもライター症候群という病気(関節炎の一種らしい)で脱退する羽目になったマーク・セント・ジョンというギタリストが結成したバンドだ。
大物バンドに入り損ねた者同士が結成したバンドなので、当時は少しだけ話題になった。

そのWHITE TIGERが1986年にリリースした唯一のアルバムがこれ。自費出版という形で作られたのだが、その割には入手が容易で当時輸入盤屋でよく見かけた記憶がある。
音楽性はいわゆるLAメタルで、若干ウェットな感触があるところなどは典型的なLAメタル勢とは異なるが、ボーカルは普通だし名曲があるわけでもない。マークはKISSの歴代ギタリストの中でも最もテクニカルでフラッシーなソロを弾いていた人だけあって、本作ではこれでもかというくらい弾きまくっているが、それだけで群雄割拠、百花繚乱のLAメタルシーンを勝ち抜けるほど甘くはない。

結局、彼らはメジャーレーベルとの契約を得ることができず、LA周辺でたった9本のライヴを行っただけで1988年に解散している。
その後、マーク・セント・ジョンは同じく元KISSのピーター・クリスと結成したKEEPというバンドやソロで活動していたが、2007年に脳内出血によりこの世を去っている。享年51歳。

ちなみに、デヴィッド・ドナートがBLACK SABBATH在籍時に録音したデモテープはブートレッグとして発売されており、YouTubeで聞くことができる。歌っているのがよりによって"The Shining"(正確にはその原曲)なので、トニー・マーティンと比較すれば彼がすぐにクビになった理由がよく分かるだろう。こんなフニャフニャした歌ではサバスのボーカリストは務まらん。
この時期、トニー・アイオミはLAで若くて生きのいいボーカリストを探していたようで、他にもロン・キールやカル・スワンなどに声を掛けている。ロン・キールは論外だが、カル・スワンならいけたかもしれない。デモ音源が残っていれば是非聞いてみたいものである。


関連記事

テーマ : ハードロック - ジャンル : 音楽

22:46  |  本日の鹵獲品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://powerpopisland.blog68.fc2.com/tb.php/412-bb92e012

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。