2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.01.23 (Wed)

本日の鹵獲品(THE BABYS / UNION JACKS)

いやー、仕事が忙しいうえに、facebookやら某三国人チャットにかまけて長らく放置状態だった弊ブログ。ゆっくり書いてる暇が無いんだよね。
というわけで、簡単に更新できるネタで行くことにしました。鹵獲したブツを紹介していくだけのコーナーです。

 THE BABYS / UNION JACKS (1980)

Union Jacks 1.Back On My Feet Again
 2.True Love True Confession
 3.Midnight Rendezvous
 4.Union Jack
 5.In Your Eyes
 6.Anytime
 7.Jesus, Are You There?
 8.Turn Around In Tokyo
 9.Love Is Just A Mystery
Produced by Keith Olsen
Performed by John Waite(Vo), Wally Stocker(G), Ricky Phillips(B), Tony Brock(Ds), Jonathan Cain(Key)

我が心の師ジョン・ウェイト先生がいたバンドの4枚目。
本作からジョナサン・ケイン(Key)とリッキー・フィリップス(B)のアメリカ人2名が加入。しかも、この2人が9曲中7曲の作曲に関わっているうえに、プロデューサーがロン・ネヴィソンからキース・オルセンに変わったこともあって、殆ど別のバンドに変身している。
プロダクションも曲のクオリティも大幅アップして良質の産業ロックになったが、シングルの切り方を間違えたのか、さほど売れなかった。

この翌年、JOURNEYにジョナサン・ケインを引き抜かれたBABYSはあっけなく解散し、ジョン・ウェイトはソロに。
BAD ENGLISHとして復活するのは8年後の話。


関連記事

テーマ : ハードロック - ジャンル : 音楽

18:16  |  本日の鹵獲品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://powerpopisland.blog68.fc2.com/tb.php/400-551e9697

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。