2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.28 (Sat)

2009カザフスタン・南朝鮮旅行記(第32回)

3年も前の旅行記をまだ引っ張っているとは・・・。
ごめんなさい、速やかに終わらせます。


◆梨泰院の夜

清涼里でしぶとく生き残っていた置屋の見学を済ませると、タクシーで梨泰院へ向かった。梨泰院は東京でいうと六本木みたいなところで、京城に住む外国人が多く集まる繁華街。
どこかで酒を飲んでからホテルへ帰ろうと思っただけで場所は別にどこでも良かったのだが、清涼里からだと新村は遠いが梨泰院なら帰り道の途中だし、外国人が多い場所だから英語が通じるので余計なストレスが無い。

タクシーで移動すること約20分、久しぶりにやって来た梨泰院。もう地下鉄も動いていない真夜中だというのに、この一帯だけは道路が渋滞していて、多くの外国人で賑わっている。しかし、京城に来たときは新村か鐘閣あたりで飲むことが多いので、実はにゃおんちゃんはこの街をあまりよく知らない。
ここに来たときはいつも某ホテルの中にあるクラブへ行くのだが、そういや前回あそこに行ったときはチョッパリーズの大僧正氏が一緒だった。シャイな大僧正氏は自分から女の子に声を掛けることができず、仕方ないのでにゃおんちゃんが女の子を引っ張ってきて彼にあてがってやったことがある。首尾よくお持ち帰りに成功した大僧正氏だが、ゴムを持っていなかった彼は同じホテルに泊まっていた永代部屋長氏を訪ねて分けてもらったそうな。次の日に永代部屋長氏と会った際にその話を聞かされて大笑いした記憶がある。

そんなろくでもない思い出に浸りながら、落ち着いて飲めそうなバーを探して梨泰院の路地をウロウロする。今夜は例のクラブに行きたい気分ではない。
結局、梨泰院をほぼ一周した後にメインストリートに面したビルの中にあるバーに入ってみる。木の暖かみを生かした落ち着いた内装で雰囲気は良さそうだ。ここは龍山の米軍基地が近いので、米兵達が大騒ぎしてるパーやクラブが多いのだが、このこじんまりした店ならそんな喧騒に巻き込まれる心配も無さそうだ。客は4~5人組の南鮮人女性の一団のみで、彼女達は奥のテーブル席で何やらサイコロを使ったゲームに興じている。


カウンター席についたにゃおんちゃんはバーボンをオーダーする。旧ソ連諸国はウォッカが安いうえに種類も多いので、あっちにいるときはどうしてもウォッカばかり飲んでしまう。こんな店でゆっくりとバーボンを飲むのも久しぶりだ。
英語の通じるバーテンと世間話をしていると「朝鮮語は分かるか?」と尋ねられたので、悪口だけなら分かると答える。すると、「どんな悪口?」と尋ねてくるので、20種類ほど決まり文句や単語を披露したところ、「一体どこでそんな言葉を覚えたのだ?」と驚かれる。悪口だけは20種類も覚えてるくせに、まともな単語は殆ど知らないのだから、彼が驚くのは当然だろう。某三国人チャットで朝鮮人に毎日悪口を言われ続けた成果なのだが、説明するのが面倒なので「悪い友達に教えられた」と答える。

バーテンと世間話をしながら奥のボックス席にいる女性達がやっているゲームを眺めていると、彼女たちのひとりと目が合った。すると、彼女は何やら朝鮮語で話しかけてくる。どうやら「一緒にゲームする?」と言っているらしい。
言葉が通じないうえにどんなゲームをやっているのかも分からず、バーテンに救いの目線を送ると、カウンターの隅に立っていたウェイトレスの女性がやって来てつたない英語で説明してくれた。しかし、ウェイトレスの英語はメチャクチャすぎてルールどころか何を言っているのかすら理解できない。しばらくゲームを眺めていたがやはりルールは掴めず、またそれほど面白そうなものにも見えなかったので、彼女達からの誘いは断って席に戻った。


カウンターへ戻ると、さっきまで店の隅っこにいたウェイトレスがやって来て、にゃおんちゃんとバーテンの会話に加わってきた。さっきはメチャクチャな英語(しかも酷い朝鮮訛り)を披露した彼女だが、我々の会話は理解できるのだろうか?話すことはできなくても相手の言うことは理解できる、というレベルなのかもしれない。
やがて、彼女はバーテンに通訳を頼んでにゃおんちゃんの身の上について色々質問してきたため、段々ウザくなってくる。うーん、色々と取り留めのないことを考えながら一人で静かに飲んでいたかったのだが・・・。
ついには、バーテンから「彼女は君の事を気に入ったようだ」と言われ、ウェイトレスの熱視線を浴びながら酒を飲む事態となった。今夜はもうお開きだな、こりゃ。

どうしてこうなるかなぁ・・・。自慢にもならないのだが、どういう訳かにゃおんちゃんは朝鮮人にはモテる。すみませんが、支那人と朝鮮人はお断りしています。
もっとも、あいつらは相手が若い日本人ならダボハゼみたいに食いつくのだが。

嬉しくない・・・。
寿命が半分になってもいいから、日本人女性にモテモテになりたい・・・。

夜の梨泰院
夜の梨泰院



◆朝鮮のインチキを暴く(独立門編)

明日の朝の飛行機で日本へ帰るので、今日が今回の旅行の最終日となる。
特にすることは無いのだが、今回の南朝鮮滞在の趣旨が『嫌がらせ観光』であることを踏まえ、ネタになりそうな西大門へ行くことにした。ここには迎恩門や独立門、西大門刑務所など、いくつか絶好のネタがある。

という訳で地下鉄に乗って西大門へ移動。地上へ出ると真っ先に目に飛び込んでくるのが、この「独立門」。長年にわたり清国の属国だった朝鮮が、1895年の下関条約により独立が認められたことを記念して建てられたものだ。
南朝鮮政府は李氏朝鮮が清や明の属国だったことをきちんと教えていないので、これが「日帝からの独立を記念したもの」と勘違いしてる朝鮮人がたくさんいる。
反日教育が徹底している南朝鮮では、殆どの連中が日韓併合が1910年に行われたことを知っている。なので、朝鮮には時系列を無視するアホが大勢いるとはいえ、連中の悪い頭でもこれくらいの矛盾には気づく。
何のことはない、南朝鮮政府が独立門が建てられた年や経緯をきちんと教えていないからこんなことになるのだ。

日本が併合する前から独立門は存在してるんですよ。
したがって、日本からの独立を記念したものではないということですね。分かりましたか、朝鮮人の皆さん?



実際、三国人チャットでもこの辺の経緯をきちんと押さえている朝鮮人はたった数人しか見たことが無い。90%以上の朝鮮人は意気揚々と「日帝からの独立を記念して建てたものだ」と答えるのだが、独立門ができたのはいつですか?というツッコミを食らうと途端に火病を炸裂させる。
連中がいきなりファビョるのは、間違いを指摘されて恥をかかされたという理由のみならず、年代から推察して「清の冊封体制からの独立」だったことに薄々気づいてしまうからなのだと思う。
だって、朝鮮の宗主国って日本以外には歴代の中国王朝しかないわけだからねぇ・・・。

素直に認めりゃいいのに、虚栄心だけは人一倍の朝鮮人にしてみれば、(朝鮮人から見て)格上の日本に支配されたのはともかく、「自分たちよりも貧乏で不潔で馬鹿な中国人に支配されていた歴史」なんて認めがたいものなんだろう。
っていうか、朝鮮人よ。お前らはデタラメに中国を見下すが、お前らが支那人よりもいい暮らしをしていた歴史なんて、20世紀以降のたったの100年程度に過ぎないんだぞ。日本に併合されるまでは糞にまみれて暮らしていた(※1)くせに生意気言うなよ。

※1:朝鮮人の衛生観念
当時の朝鮮には「トイレ」というものは存在しておらず、当時の朝鮮七大名物として「糞、煙管、蚤、娼妓、虎、豚、蝿」が挙げられていることから分かるとおり、李朝末期や大韓帝国時代に朝鮮を訪れた外国人の旅行記にはことごとく「道端のそこらじゅうに転がっている黄金の花」に関する記述が登場する。
イギリス人旅行家イザベラ・バード女史の旅行記にも「漢城(ソウル)は穢いことと臭いことでは世界一」と書かれているし、大韓帝国を訪問した日本人の旅行記にも「朝鮮人の生活は犬や豚のようだ」と書かれている。
朝鮮人のこの衛生観念の低さは日本人が35年間教育した程度では治らず、南朝鮮は今でも公衆衛生のレベルが極めて低い感染症大国である。もし、朝鮮の気候が高温多湿だったら、朝鮮人は食中毒と感染症で絶滅していたに違いない。

独立門
独立門


さて、我々が独立門をネタに朝鮮人をファビョらせるのはこれだけではない。
独立門の扁額(門の上部にある)に揮毫したのは誰か。この質問をしても朝鮮人は確実にファビョる。

まず、連中はそもそもこの質問に答えられない。もっとも、そんなことまで学校の授業で習うわけではないので、知らなくても仕方がない。しかし、この門とは直接関係がない日本人のにゃおんちゃんが知ってるのに、お前らが知らないってどうなのよ?
こうやって挑発すると連中は必死に調べるのだが、何も見つからない。そりゃそうだ、最初から存在しないものや、政府によって隠匿されてるものは見つからないよなぁwww

(´∀`)それでは、無識(朝鮮語では「無知」を意味する)な朝鮮人のために教えてあげましょう。答えは「李完用」です。

<`Д´;> ウリナラの独立を記念する建物に、親日派の売国奴の李完用が揮毫なんかするはずがないニダ!

(´∀`)お前らは「李完用=朝鮮を日本に売りとばした売国奴」としか思ってないから、理解できないんですね。独立門を建てた「独立協会」は、そもそも徐載弼と李完用が創設した団体なんですよ。

<`Д´;> ファビョーン!歪曲ニダ!捏造ニダ!

(´∀`)独立協会は朝鮮を立憲君主国家にしようとした開化派が作った政治団体ですよ。

<`Д´;> 李完用が開化派なはずがなくて!独立協会は日帝が圧力を掛けて潰したの!

(´∀`)あのー・・・独立協会に解散を命じたのは高宗ですよ?絶対王政を維持したい高宗と保守派が結託して独立協会を潰したんですよ。

<`Д´;> 歪曲なの!お前の言うことは全部嘘なの!

(´∀`)「素晴らしい朝鮮」を妄想したい朝鮮人は、全てを日本のせいにして、近代化のチャンスを自ら潰してしまったことを認められないのですね。

<`Д´;> グギャー!このチョッパリ!くぁwせdrftgyふじこlp!


≪つづく≫


関連記事

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

21:31  |  2009カザフスタン・南朝鮮  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>3年も前の旅行記をまだ引っ張っているとは・・・。
>ごめんなさい、速やかに終わらせます。

速やかに終わらせることにお願いを加えると、ちゃんと南朝鮮征服記の詳細を書いてくれることを望む!

しかし、にゃおんちゃんもう少し早く書いてよ。

では南朝鮮嫌がらせの旅の面白いネタを期待しています。

今年の夏は旧ソ連には行かないの?
にゃおんちゃんの旧ソ連諸国旅行記を希望します!
Romanov |  2012年07月29日(日) 13:27 |  URL |  【コメント編集】

ブログの再開と更新を待ち侘びてました。
結構クビを長くし続けて、ノビた饂飩っぽくなってます(笑)

旧ソ連と言えば、にゃおんちゃん氏はテュルク諸語に堪能でしょうか?
ルーシ系とテュルク(トルコ型)系が旧ソ連の構成国でしたので
ロシア語の他にはテュルク諸語も若干話せてそうな感じがしてますから。

更新されるまでの間、下記のブログを観ていたのもあるので。


・トルクメニスタンとチュルク語の日々
http://turkmenche.blog.fc2.com/



あと、蛇足になりますが先日この様な記事が出てました。

■ロシアの地図に新たな都市が誕生する可能性 25.07.2012, 12:23
http://japanese.ruvr.ru/2012_07_25/roshia-atarashii-machi/




中央アジアも暫く見ない間にトルクメニスタンの光景が
様変わりしていたみたいです。
ttp://ameblo.jp/team18xyz/entry-11197966834.html
ttp://ameblo.jp/team18xyz/entry-11198282469.html
ttp://ameblo.jp/team18xyz/entry-11197966980.html
ttp://ameblo.jp/team18xyz/entry-11197967119.html
ttp://ameblo.jp/team18xyz/entry-11233090202.html
ttp://ameblo.jp/team18xyz/entry-11234478403.html
( ソース元:♪ Every day is a special day ♪ in Moscow
http://ameblo.jp/team18xyz/

尚、カザフスタンも幾つか独特な色合いを見せる所まで
進化(?)してました。
ttp://yksilkroad.exblog.jp/i2/
ttp://yksilkroad.exblog.jp/i2/2/
( ソース元:ユーラシア大陸 お仕事日記
http://yksilkroad.exblog.jp/

常時ROM専の閲覧者 |  2012年08月01日(水) 23:20 |  URL |  【コメント編集】

おかえりなさい、にゃおんちゃん!

長らく更新がないんで、旧ソ連諸国のどこぞかで
行き倒れになったのかと・・・(^ ^)

近いうちにワシは南朝鮮へ行かねばならんので、
おもろネタを期待してます。
るかかっか |  2012年08月04日(土) 00:08 |  URL |  【コメント編集】

●コメントありがとうございます

このような過疎ブログを気にかけていただき、皆様ほんとうにありがとうございます。

東日本大震災以来、公私ともに多忙で更新が滞っておりましたが、最近は少し時間が取れるようになったので、またコツコツ更新していきたいと思います。

今のところ、今年はCIS諸国に行く予定はありません。
キルギスとウズベキスタンに行こうかと思っていたのですが、キルギスがどうも不穏で・・・。危険なうえに、トラブルと戦う元気もない(両国ともクサレ警官の宝庫として有名)ので止めるつもりです。

気が向いたら、極東ロシアかモルドバにでも行くかもしれませんが、それよりも「ラオスに行ってメコン川をスピードボートで爆走!」とか「タイ北部にあるカレン族の難民キャンプとか中国国民党の残党が住む村に行こう!」とかバカな考えが頭をよぎっています・・・。
にゃおんちゃん |  2012年08月04日(土) 15:49 |  URL |  【コメント編集】

●センチメンタルジャーニー

センチメンタルジャーニーはタイとばかり思ってるんですがどんなもんでしょうか。
中東やかんばしき国々についてのエントリー待ってますよー。
カラヤ3 |  2012年08月05日(日) 20:22 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://powerpopisland.blog68.fc2.com/tb.php/396-e6051680

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。