2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.13 (Tue)

2009カザフスタン・南朝鮮旅行記(第29回)

今回は写真ばっかりですが、手抜きしたわけじゃないですよ~。


◆スーパー写真タイム!@戦争記念館

建物内の展示を見終わったので外へ出るが、戦争記念館の敷地内には朝鮮戦争で活躍した兵器が展示されている。見て行かない手はない。

戦争記念館正面のオブジェ
戦争記念館正面のオブジェ。
両脇にある兵士像といい、何だかちょっとソ連っぽい感じが。南朝鮮は抑圧的で全体主義的な国家なので、そういうところを差して「この国は共産主義国家みたいだ」と言う外国人も多い。

M4A3E8シャーマン
第二次世界大戦当時の米軍主力戦車としてお馴染みのM4シャーマン(M4A3E8)。
ここに展示されているのはA3E8という最終型で、1944年のバルジの戦いから投入された。改良を重ねた最終型とはいえ装甲防御力不足は解決されておらず、前線では土嚢を積んで補強していた。しかし、それを見たジョージ・パットン将軍が「見っともない!」と怒ったため、兵士達は撃破された戦車から切り出した鋼板を貼り付けて対応したそうな。

T-34/85
当サイトではすっかりお馴染みのソ連製神戦車T-34(T-34/85)。
初期型(T-34/76)は76.2mm砲を装備していたが、後期型は85mm砲が搭載されている。ここに展示されているのはT-34/85で、朝鮮戦争初期には対戦車兵器を持たない南朝鮮軍を相手に無双ぶりを発揮し、北朝鮮軍の奇襲攻撃を成功へと導いた。

戦争記念館の定礎
戦争記念館の定礎。
「檀紀4291年」が笑いを誘う。檀君はお前ら朝鮮人の脳内にしか実在しないんだっつーの。北朝鮮には何故か立派な墓があるけどな、コンクリート製の。え?桓檀古記?それは日本人の腹筋に対するテロ攻撃か?w
と笑い飛ばしたいところだが、白善大将の名前が刻まれているのでそうはいかない。白善将軍は自国民の虐殺にばかり熱心だったろくでもない南朝鮮軍にあって、釜山橋頭堡防衛戦で活躍した本物の英雄。釜山橋頭堡ではマラリアの高熱に苦しみながらも傷ついた兵士達を鼓舞し、自ら先陣を切って突撃したことから、米軍兵士達からも尊敬されたと言われている。
釜山橋頭堡が落ちれば金日成が半島を統一していた訳で、白善さんは南朝鮮にとって救国の英雄に当たるはず。ところが、満州国軍の士官だった経歴があるため、盧武鉉政権時代に「日帝の統治に協力した売国奴」として親日人名辞典にリストアップされたことがあり、実際に彼の経歴を知る南鮮人は「あいつは日帝の軍人だったから売国奴だ!」と罵る。
ゴロツキのテロリストを英雄視するくせに、こういう本物の愛国者を売国奴扱いするから、南朝鮮人はバカ扱いされるのである。

59式戦車
中国の59式戦車。
最初はT-54だと思ったのだが、説明文が書かれているプレートには「T-59」と記載されている。ソ連にそんな戦車あったっけ?と首を傾げていたが、説明文を読んで納得。やはりこれは中国軍の59式戦車で、ベトナム戦争の際に北ベトナム軍から鹵獲したものだそうな。

M46パットン
M46パットン。これは珍しい!
M46はM47が登場するまでのつなぎとして、M26パーシングを改造して作ったものだけ(新規生産なし)なので生産台数が少なく、今まで見たことがなかった。確かに外観はパーシングと似ている。

MiG-19
北朝鮮軍のMiG-19。
朝鮮戦争に投入されたのはMiG-15だよな?当時はまだ生産されていなかったMiG-19がどうしてここに?説明を読んで納得。1983年に北から亡命してきたパイロットがこれに乗って来たそうな。

F-4ファントム
南朝鮮軍のF-4ファントム。
これも朝鮮戦争とは関係ない戦闘機。初回生産は50年以上前の古い戦闘機なのだが、日本を含む多くの国で未だ現役として運用されている。しかし、このカラーリングはもうちょっと何とかならなかったのか?

BM-13カチューシャ
これも当サイトではお馴染み「スターリンのオルガン」ことBM-13カチューシャ。
トラックの荷台にレールを組んだだけの代物なので、兵器と言えるのかどうか微妙なところだが・・・。

関連記事

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

22:08  |  2009カザフスタン・南朝鮮  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

T34-85は多富洞の戦闘で白将軍が「ボーリングの玉が飛んできてがしゃんと爆発する」と表現していたことを思い出します。
ソ連も対独戦で作りすぎたんで北朝鮮にまわしたんでしょうが、対戦車能力がない軍隊じゃやられ放題も無理ないです。
カラヤ3 |  2011年12月17日(土) 14:54 |  URL |  【コメント編集】

どうも。何時もながらROM専で閲覧させて頂いてます。
ついに朝鮮半島編。どういう体験談かと思ってましたが
出始めからエラい事になってますね。

最近話題になっている「中国嫁日記」と併せて読んでいますが
このブログの方が読み応え抜群ですね。
某ネットジャーナリストのブログにも近い視野と見解が入って
来ている感じもあります。



今回、カザフスタンからトンでもない話が入って来ています。

カザフで暴動、10人死亡 解雇の石油労働者ら
http://www.usfl.com/Daily/News/11/12/1216_018.asp?id=92576
カザフ西部都市で暴動 大統領が非常事態導入
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381959FE3E5E2E7E08DE3E5E3E0E0E2E3E39494EAE2E2E2
カザフスタンで暴動 死者70人の現地情報
http://www.asahi.com/international/update/1217/TKY201112170117.html

一部では「カザフスタンにも民主化の動きが?」と観られて
いる様ですが、何処からか違和感が漂っている様な気がします。
常時ROM専の閲覧者 |  2011年12月18日(日) 00:21 |  URL |  【コメント編集】

●びっくりしたなぁ、もう!

>>カラヤさん
そういう表現をするということは、白将軍はボーリングをやったことがあったのでしょうか?当時の満州や朝鮮にボーリング場なんてあったのかな?

>>常時ROM専の閲覧者さん
いやー、びっくりした。エラいことになってますね、カザフスタン。
現地人に確認したところ、アルマトイでもデモがあったようですが、現政権が脅かされるような規模ではないようで。
にゃおんちゃん |  2011年12月19日(月) 21:07 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://powerpopisland.blog68.fc2.com/tb.php/393-4ca9e348

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。