2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.08.05 (Thu)

ベラルーシから幸せ2連発

2年前の夏にベラルーシへ行って以来、かの国とはすっかり無縁な日々を過ごしていたにゃおんちゃんですが、最近になってベラルーシから突如メールが来ました。しかも2通も。
そのうちの1通は2年前に出したメールの返事が今頃来たという凶悪ぶりで、メールを書いた本人ですらすっかり忘れていて一瞬脳みそがフリーズしました。


さて、まず1通目は「2008ベラルーシ・ウクライナ旅行記」にも登場するミンスクに住む友人アカゲビッチ大佐からのものでした。内容は『今度、結婚することになった』というもの。
2年前に会ったときは仕事に遊びに自由を謳歌していた独身貴族の大佐でしたが、一体どういう風の吹き回しでしょうか?相手の女性の写真をおねだりしたのですが、華麗にスルーされました。美人だったら僻み根性全開で罵ってやろうと思ったのに。

ノロケまくる大佐から「お前も早く結婚しろ」と言われたので、「相手がおらんのじゃ!ワシの相手をしてくれるのはネコだけじゃ!」と返事を書いたところ、ありがたいお告げをいただきました。
早速、今日からお告げに従って行動してみたいと思います。結果に反映されるのは早くて2ヵ月後でしょうか。さして期待していませんが、何も変わらなかったらご利益無しとしてベラルーシKGBに不幸の手紙でも送りつけようと思います。

何はともあれ、大佐おめでとうございます。お幸せに。


そして、もう1通は「どこかにいい男はいないかしら?」が口癖で、私のことを「小僧」と呼び捨てる女傑サーシャ先生からのものでした。
先生は『政権に批判的な記事を書きすぎたせいで政府から睨まれて会社をクビになった』という経歴を持つジャーナリストです。知り合ったのは5年前なので、にゃおんちゃんのネット友達の中では三国チャットの倭人軍団を除けば最も付き合いが長いと言っても過言ではありません。私がベラルーシという国のトンデモぶりに興味を持ったのは、先生からの影響が大きいのは間違いありません。

2年前に話をしたときは、「国内で仕事ができなくなってしまったので、イギリスへ行こうかと思っている」と言っていました。ベラルーシは気に入らない新聞社に脱税の容疑をふっかけて輪転機を差し押さえるような国ですから、政府から睨まれたジャーナリストが仕事を見つけるのは容易ではありません。
当時の彼女は相当困っていたようで、私がかつてチェルノブイリ原発事故の被害者を支援するNGOに関わりかけた話をした際、「あんたのコネでそのNGOで雇ってもらえないかな?」と言い出したほどでした。私にそんなコネありませんから。
それよりも、アレクサンダル・ミリンケヴィッチにコンタクトを取ってジョージ・ソロスのオープン・ソサエティ研究所(通称ソロス財団)で雇ってもらったら?と提案すると、「あんた、連絡先知ってる?」などと言い出す始末。私が知ってるわけないでしょ!それに、私はルカシェンコ閣下のファンですから。w

さて、そんなサーシャ先生でしたが、私が2年前にベラルーシへ行く前にメールを出したところ返事は返ってきませんでした。ミンスクに着いた際に電話も掛けてみましたが通じず。そのときは、「ああ、もうイギリスに行っちゃったのかなぁ?」と思っていたのですが、その後も連絡は無く私のことなど忘れてしまったのだと思っていました。

ところが先日、何やら見覚えのあるアドレスから1通のメールが。見覚えはあるのですが誰のアドレスだったか思い出せません。そして、中を開けてびっくり、なんとサーシャ先生からのものでした。ご丁重にも私が2年前に出したメールまで添付してあります。書いた本人すら忘れていた代物です。
サーシャ先生はやはり2年前にイギリスへ移住し、その後イギリス人男性と結婚して現在はスコットランドに住んでいるそうです。子どもも生まれて幸せとのこと。
学校に通ってジャーナリズムの勉強もしているそうですが、「ベラルーシで取ったジャーナリズムの学位(彼女の大学時代の専攻)はイギリスじゃ役に立たないのよねぇ」とぼやいてました。すんません、思いっきり笑っちゃいました。

今はベラルーシに里帰り中で8月末まで実家にいるそうです。もしかして、実家にあるパソコンに残っていた古いメールを見て私のことを思い出したのでしょうか?彼女はいつも突然現れて、そして突然いなくなります。そのことを彼女に伝えたところ、彼女曰く「それはあなただ」と。「あなたは日本に住んでいるのに、ある日突然ベラルーシにやって来たかと思えば、ウクライナからメールを送ってきたり、リトアニアから電話を掛けてきたりする。いつも突然現れて、突然どこかへ行ってしまう謎の男。それはあなただ!」と言われました。
謎の男って・・・ただの風来坊ですから。

サーシャ先生は息子の写真を送ってくれました。ローマちゃんという名前だそうです。

サーシャの息子ローマちゃん


関連記事
20:07  |  チャットの日々  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

黒猫さん、ベラルーシで大統領選挙が始まりましたよ。
寝てる場合じゃないですよ。
ルカ閣下当選確実だそうです。
べラファン |  2010年12月19日(日) 20:05 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://powerpopisland.blog68.fc2.com/tb.php/376-77083e6f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。