2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.12 (Tue)

事件発生

読者の皆様、明けましておめでとうございます・・・って、もう1月の12日ですが。
約1ヶ月に渡って更新がストップしていた弊ブログでございますが、それは仕事が忙しかったうえに、年末にとんでもないトラブルが発生しまして、にゃおんちゃんの年末年始がズタボロになっていたためなのです。

実は、現在連載中のカザフスタン&南朝鮮旅行記にも登場するカザフ人の友達、ヨーコ嬢が12月25日に来日する予定だったのですが・・・

出発当日にドタキャンしやがりました。


【経過説明】

2009年12月23日(出発前日)
ヨーコ嬢から「熱出た。どうしよう?」という連絡が入る。
風邪をひいてしまったようで、酷い声をしている。
「病院へ行って注射を打ってもらいなさい、とりあえずできることは全てやっておきなさい。多くの人があなたが来るのを待っている。早く元気になってね」と回答する。

2009年12月24日(出発当日)
仕事を終えて帰宅するとヨーコ嬢からメールが届いていた。
内容は「熱が下がらず体調が最悪なため、来日をキャンセルする」というもの。
この日、にゃおんちゃんは仕事で携帯電話がつながらない山奥に行っていたため、ヨーコ嬢はメールを送信した模様。
帰宅してメールを見たにゃおんちゃんは仰天するが、取りあえず彼女のために押さえていたホテル等へキャンセルの電話を掛けまくる。

2009年12月30日
その後、ヨーコ嬢から連絡が一向に来ず気を揉む日々を送っていたにゃおんちゃん、痺れを切らして電話する。
しかし、「ビザの期限は3月まであるから大丈夫」と言われてキレる。そういう問題じゃないだろ!
仕事中だったためゆっくり話をすることができず、この日の会話はこれで終了。

2009年12月31日
改めて電話し、こちらも受け入れの準備があること、当初の予定では1月10日にヨーコ嬢を連れて東京へ行く予定だったため、押さえてあるホテルや航空券をどうするか決めなくてはならないことを伝え、速やかに次のスケジュールを示すよう要求する。
しかし、どのくらい熱が出ていたのか確認したところ、「37~38℃」と言われてまたキレそうになる。
インフルエンザにやられたのなら諦めもつくが・・・航空券をドブに捨てても平気なほど金が余ってるわけではないだろうに。インターナショナル・フライトをナメテんのか?
ドタキャン後、5日間も連絡が無かったことに怒り心頭のにゃおん氏は2時間に及ぶ説教をカマすが、ヨーコ嬢は何が問題なのかイマイチ分かっていない模様。

2010年1月5日
電話して経過及び状況説明を求めるが、まるで進展が無いうえに、相変わらず反省の態度はまるで見られない。
「これはもう具体的に自分がどれだけ色んな人に迷惑掛けたか書いてやらんと分からんかも」と思い、2時間掛けて被害内容を詳細に記述したメールを書く。内容は「体調が悪くて来られなかったのは仕方の無いことかもしれないが、色んな人があなたを歓迎するためにこれだけの準備をしていたのである。ちょっとは済まないと思え!」というもの。

2010年1月6日
あまりにも具体的な記述かつ過激な内容のメールにキレたヨーコ嬢から反撃メールが届く。
金のことで騒いでると誤解したようで、私のことを「greedy,economic animal」と罵る内容だった。
電話するが繋がらない。もはやこれまでか。

2010年1月7日
東京在住の友人「ゴルビ犬」に電話し、東京行きをキャンセルすることを伝える。
最初は一人ででも東京に行くつもりだったが、こんな最悪な状況で暢気に遊べるほど私の神経は太くない。
ゴルビは我々が東京に来るということで色々と準備してくれていたのだが・・・。ゴルビ、ごめん。
ヨーコ嬢には改めて「金の問題ではない。これは私に対する信用と友情の問題である」と返信。

2010年1月8日
やっと内容を理解したようで、「ごめんなさい」という内容のメールが届く。
来日する意思はあるようだが、相変わらず旅程については具体的な日時どころか目処すら立っていない模様。
もう知らんがな・・・。かなりウンザリしているにゃおん氏。



と、まあこんな感じでそりゃもうドタバタ&イライラの正月だったのでございますよ。

正直、旅行記の取り扱いにも困ってる状況です。
書けばヨーコ嬢のことを思い出して腹が立ちますから。w
そういう訳で旅行記の続きについては暫し保留扱いにします。
ごめんなさい、ごめんなさい。

当初は「カザフ人の東方見聞録」とかタイトルつけて来日こぼれ話を書いてやろうと思っていたのに、まさかこんな展開になるとは夢にも思わず。


関連記事
21:32  |  黒猫の日常  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ポンセ様
いつも楽しく拝見させて貰ってます。
これは酷いですね。ご愁傷様です。
カザフスタンの続きが読めないのは残念なので
落ち着いたら続きをお願いします。

これに懲りず今年もCIS圏に旅行に行ってください(笑)
えびぷり |  2010年01月13日(水) 10:27 |  URL |  【コメント編集】

 更新がないと思ったらそういう事情もあったんですね。ご愁傷様です。その種のいい加減さは文化とかいうレベルじゃないですよね。
 旅行記を今後もよろしくお願いします。
名無しのイワンさん |  2010年01月15日(金) 20:10 |  URL |  【コメント編集】

おつかれさまでした。
kaz |  2010年01月15日(金) 23:59 |  URL |  【コメント編集】

大変な年末年始でしたね。お見舞い申し上げます。

旅行記の続きが読めないのはとても残念なんで
ほとぼりが冷めたら是非とも再開してくださいね。
wktkしながら待っています。
kin-k |  2010年01月16日(土) 00:23 |  URL |  【コメント編集】

なるほど。こういう訳だったのですね。先日は執筆を急かすような事を言って申し訳ありませんでした。
ところで、ニダーランド編も保留でしょうか?某所で魔王と呼ばれるにゃおんちゃんの、ニダーランドでの活躍がとても気になります。再開を楽しみにしていますね。
寒い日が続いております。くれぐれも体調には御留意くださいませ。
Vrtra |  2010年01月16日(土) 04:46 |  URL |  【コメント編集】

●ニダーランドの「極上の嫌がらせ観光ツアー」

にゃおんちゃんも大変だったんですね。
この旅行記も是非続けて欲しいのですが、
カザフスタン旅行記を止めるのであれば、
ニダーランドの「極上の嫌がらせ観光ツアー」を先に書いて貰えると嬉しいです。

ニダーランドでは『大清皇帝功徳碑』を見てこられましたか?
私のKGBから聞いた情報では、ニダーランドには『大清皇帝功徳碑』と言う石碑があり、朝鮮王・仁祖が、三田渡で、清の皇帝の皇太極に対し三跪九叩頭の礼(三度跪き、九度頭を地にこすりつける)を以って清皇帝を公認する誓いをさせられる恥辱を味わった事の記念碑の為、朝鮮民族から『恥辱碑』と呼ばれているそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B8%85%E7%9A%87%E5%B8%9D%E5%8A%9F%E5%BE%B3%E7%A2%91

では、旅行記の再開を期待しています。
そして、今年もCIS諸国を旅行して来て下さい!
Romanov |  2010年01月18日(月) 00:02 |  URL |  【コメント編集】

●ご報告

えーと、ゴタゴタしていたヨーコ嬢の件ですが、凄まじい罵りあいの末に全てが終わりました。w

しばらく連絡が取れなかったのですが、今日いきなりMSNで話しかけてきて、何事かと思ったら妙に神妙に今までのことについて謝り始めたのですが、彼女は突然イスラム教に目覚めてしまったようで神について語り始め、しまにいは「あなたもイスラム教に改宗して私と結婚しましょう」などとのたまう始末。
当然お断りしたのですが、途端に私のことをボロクソに罵り始めて、ついには「ムスリムが世界を征服する」だの「仏教は馬鹿者の宗教」だの狂ってるとしか思えない発言を繰り返し、「もう連絡して来ないでね、あんたのことなんか大嫌いだから」と捨て台詞を吐いて去っていきました。

今日、私は生まれて初めて本物のキチガイに遭遇しました。
未だに何が起こったのか理解できません。
すんませんが、旅行記の再開は期待しないでください。ダメージがデカ過ぎます。
にゃおんちゃん |  2010年01月26日(火) 01:50 |  URL |  【コメント編集】

にゃおんちゃん

魔女の来襲を受けて大変でしたね。
これに懲りずにCIS諸国への旅を続けて下さい。
しかし、突然の豹変には驚きますね。
回教でもヤバイ系の方に嵌ったのでしょうね。

昨年に、冬のウクライナに行って来ましたが、クリミア半島では、BakhchysarayにあるCrimean TatarのKhans' Palaceにも行って来ました。正しくシルクロードにありそうな建物でした。マジで、これは素晴らしかったです。
にゃおんちゃんが萌えた気持ちも分かりました。
Khans' Palaceには再度夏季に行って見たいと思います。
後日、ウクライナ情報の詳細は報告しますが、にゃおんちゃんのCrimean TatarがKhans' Palace周辺に居ないと言う疑問への回答が分かりましたので、報告します。

それは、偶然にも純粋なCrimean Tatarの美女とSimferopolからKievまでの寝台列車で同室になって友達になり、教えて貰いました。
結論から言うと、Khans' Palace周辺に居たモンゴル系でない人達こそ、本当のCrimean Tatarだったのです。
私もCrimean Tatarとは、Khans' Palaceに住んでCrimeaを治めていたMongol系達だと思っていました。
タタール人と十派一絡げにしているが、血が繋がっていないと。
Crimean TatarとMongolian Tatarは基本的に人種が違うとの事です。
Khans' Palaceに住んでいたCrimeaの王様は、モンゴル系で国を支配しているが少数派で、国民の大半を占めるCrimean Tatarとは、白い肌・ダーク色の眼・ダーク眉・ダークな髪であり、ずっと前からCrimeaに住んでいた人達の事らしく、モンゴル系とは違うそうです。
日本人から見ると普通のウクライナ・ロシア人と思えるのでしょう。
勿論、モンゴル的な文化の影響は受けていて、Crimean Tatar Cuisineと言うと中央アジアの影響が強いですよね。
私はロシア・ウクライナ料理も大好きですが、このCrimean Tatar Cuisineにも嵌ってしまって、イスラムの文字を掲げたレストランを
見かけると取り敢えず入っていました。寒い時に食べるラグマンは最高に体が温まりました。


にゃおんちゃんは、本物の気違いにはニダーランドで沢山遭遇している筈ですから、これに懲りずにCIS諸国の旅を続けて下さい。
そうそう、ウクライナ人になりかけた話とか色々とお願いします。

Romanov |  2010年01月26日(火) 13:42 |  URL |  【コメント編集】

うーん。なんとコメントしていいのやら…。
気を取り直して香ばしい国々シリーズでもどうですか?
なんかハイチがまた酷い状況みたいですね。
ジェム |  2010年01月30日(土) 08:19 |  URL |  【コメント編集】

●はじめまして

いつも楽しく読まさせていただいております。私も同様な経験を持っています。スタンはスタンでもバシコルトスタン共和国の女性とお付き合いさせていました。最後は罵りあって別れました。日本人と基本的に違うものの、共通点が多く、また、ロシア人にはないキメこまやかさがあった女性でしたが。
カザフスタンの続き、辛いでしょうが、是非ともお願いいたします!
かつ |  2010年02月21日(日) 04:18 |  URL |  【コメント編集】

にゃおんちゃんさん、はじめまして
旅行記をたまたま読ませていただきましたが
気取った感じがしない文体で人々と素朴な交流が綴られていて
とても楽しく、思わず徹夜で読み耽ってしまうほどでした

色々と大変なご様子ですがどうかお体お気をつけください
こんこ |  2010年02月21日(日) 08:04 |  URL |  【コメント編集】

●にゃおんちゃん、元気ですか!

にゃおんちゃん、元気ですか!
読者の皆さんもにゃおんちゃんの復活を期待していると思うので、
何とかして元気を出して下さい。
にゃおんちゃんの旅行記が読める日を待ち続けています。
例の事件とは関係ない国々の旅行記から書き始めると言うのはどうでしょうか?旅行記じゃなくても良いですけど、過去のネタでも引っ張り出して来て何かを書いてもらえると嬉しいです。
個人的にはにゃおんちゃんの東欧・旧ソ連ネタが好きですが・・・。

そう言えば、ウクライナにはにゃおんちゃんのような黒猫がどこにでもいましたが、ロシア系の人達は黒猫が好きなのでしょうか?
ロシア系は黒猫に関する迷信があるのは聞いた事はありますが・・・。

LivadiaPalaceでの正面の窓際にいた黒猫はにゃおんちゃんだと思って話しかけていたのですが、返事をしてくれず、どうもただの黒猫だったようです。職員さんに追い払われていましたけど(笑)
Romanov |  2010年03月07日(日) 23:59 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://powerpopisland.blog68.fc2.com/tb.php/368-e19f5bc5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。