2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.13 (Tue)

2008ベラルーシ・ウクライナ旅行記(その28)

前回の続きです。

◆スシポリス登場

試合は2-2の引き分けで終了。1stレグで勝利しているディナモの本戦進出が決定。よかった、よかった。
この試合のMOMはアリエフ。この日の彼は先制点を決めただけでなく、中盤で攻撃の起点となっていた。サポーターも「アリエフ!アリエフ!」と叫んで彼を称えていた。他には巧みなドリブルでドロヘダ守備陣を手玉に取ったミレフスキー、中盤で守備に奮闘したオグニェン・ヴコイェヴィッチも良かった。
帰る準備をしていると、おっさんが「お前、ディナモ好きなのか?」と話しかけてきた。散々一緒に応援したのに、今さら何を言っているんだ?「ディナモ、No.1」と答えると、おっさんはニコニコしながらうなづいていた。本当は一番好きなのはオランダ・トリオがいた頃のACミランとヨハン・クライフが監督だった頃のFCバルセロナだが・・・。旧ソ連リーグに限定すればディナモ・キエフが一番好きだから、まあ嘘ってわけでもない。

帰り道、通路が大混雑でさっぱり前に進まない。やがて退屈しだした観客が「ディナーモ・キーエフ!ダバイ!ダバイ!」と歌い出す。結局、彼らは地下鉄の駅まで歌い続けていた。「ダバイ!」と聞くたびにあのおっさん達を思い出して、もうおかしくって仕方ない。必死に笑いを堪え、変な顔のまま地下鉄駅にたどり着く。
お腹が空いていたので、独立広場の地下モールにあるフードコートに立ち寄る。旨いものなど無いだろうが、今はとりあえず何か食えればいいや。


フードコート内に寿司屋を発見。カウンターの中に若いお兄ちゃんが二人いて寿司を握っているのだが、まるで映画ベストキッドの主人公のような鉢巻をしていて違和感ありまくり。鉢巻なんかしなくていいから調理帽をかぶりなさいよ、まったく。
しかし、どういうわけかこのお兄ちゃん達の握る寿司がどんなものか見たくなり、わざわざウクライナまで来てインチキくさい寿司に挑戦することになった。注文してから寿司が出てくる間、ずーっとカウンターの前に立ってお兄ちゃん達の手つきを観察する。スシポリスのにゃおん巡査である。

じーっと見ていると、お兄ちゃん達も意識したのだろうか?包丁をクルクル回しては、まな板を叩く動作を入れながらネタを切る。あのね、カンフー映画で包丁を振り回す悪役じゃなんいだから・・・。お前ら、日本と中国の違いを分かってないだろ?
しかし、意外なことに出てきた寿司はそれなりの出来。ちゃんとした職人さんが作ったものと比べるべくもないが、食えないほど酷いものではない。もちろん、外国の寿司なので日本と全く同じではない。別にウクライナに限らず、外国では握りよりも巻き物がメインで、「アボカド巻き」なんてものがあったりする。
昔、カナダから来た知人を寿司屋へ連れて行ったところ、彼はアボカド巻きが無いことに驚き、 「ここはちゃんとした寿司屋じゃないから、アボカドを置いてないんだな?」と失礼極まりない発言をしたことを思い出す。

帰宅する前にスーパーに寄り、再びウォッカの小瓶を買って帰る。家に着くとウォッカをチビチビやりながら、TVで今日の試合のダイジェストを見るにゃおん氏。
ショットグラスに注がれたウォッカを一気に飲み、「くーっ!」とか言いながら寝転がってサッカーを見る私は、晩酌しながらジャイアンツの試合を見る日本のおっさんと変わらん。ウクライナのおじさんもウォッカを飲みながらTVでサッカーを見るのだろうか?今度、誰かに尋ねてみよう。

フードコートで食べた怪しい寿司
フードコートで食べた怪しい寿司。意外なことに味はまあまあ。



◆大祖国戦争博物館にて

8月7日(木)、9時に起床すると「大祖国戦争博物館」へ向かう。旧ソ連諸国では第二次世界大戦のことを「大祖国戦争」と呼ぶ。「ファシストから祖国を守る一大戦争」という位置づけをして国民を鼓舞し、そしてその勝利を誇っているわけである。実際はボリシェヴィキを嫌う何百万人ものロシア人やウクライナ人が枢軸国に加わって赤軍と戦っているのだが・・・。
にゃおんちゃんは3年前にもここを訪れているのだが、とても面白かったのでもう一度見に行くことにした。

大祖国戦争博物館へ行くには地下鉄1号線のアルセナリナ駅からバスで向かうのが最も一般的。しかし、昨日もアルセナリナ駅へ行っているわけで、同じところを通っても楽しくない。そこで、3号線のドゥルージュビ・ナローディフ駅から行ってみることにした。800mほど歩けば博物館の丁度裏手にたどり着くはずで、多分アルセナリナ駅から歩くよりも近い。
にゃおんちゃんの部屋の最寄り駅1号線のポリテフニチニー・インスティテュートから地下鉄に乗り、テアトラリナ駅で3号線に乗り換え。今回でキエフに来るのは3回目だというのに、3号線に乗るのは初めてであることに気づく。だから何?という程度のことだが。

ドゥルージュビ・ナローディフ駅に到着して地上へ上がると、真っ先に目に飛び込んできたのは6車線の広い道路。これが「ドゥルージュビ・ナローディフ通り」という道路らしい。道路は緩い下りになっていて、下りきったところで目の前にある丘を避けるようにして右にカーブしている。そして、その丘の上に立つ巨大な「祖国の母」像。
この巨大な女神像は土台部分を含めると高さ約100m(本体部分のみで約60m)で、世界で4番目に高い像だそうな。展望台があって以前は上に登れたのだが、現在は閉鎖されていて像の中には入れない。その理由は、飛び降り自殺する人が続出したから・・・らしい。
そして、これから向かう大祖国戦争博物館は、この土台部分にある。というか、土台部分が丸ごと博物館になっている。敷地はダダっ広いし、建物は馬鹿デカいし、遠近感が狂うこと間違い無し。

遠近感が狂います
800m手前から撮影してこのデカさです。遠近感が狂います。


祖国の母像博物館の入場料はえーと・・・確か4UAHで、撮影料が10UAH。撮影料を払っても500円程度でたっぷり遊べるので、キエフに来たら是非ここを見学しましょう。
展示物は年代順に並んでいて、ドイツでナチスが台頭し始めた頃から第二次世界大戦の終戦まで。エントランスには真っ二つに割れたナチスの紋章が鎮座していたりなんかして、かなーり露骨である。伍長閣下をスリッパでひっぱたいてやりたい気分になる。お前が無意味な死守命令ばっかり出すから、こんな悪党が戦勝国になっちまったんだ!

展示物は印刷物、制服、勲章といった小物から、小火器や対戦車砲、バイクとなかなかバラエティに富んでいて、眺めているだけでも面白い。というか、説明文は全てウクライナ語で書かれているので、何ひとつ分からない。全ての展示物に英語の説明をつけるのは大変だとしても、冊子にまとめて貸し出すとかそういう知恵は無いのか、ウクライナ人よ。

博物館は3階まであるのだが、2階に上がってすぐのところでデジカメのバッテリーが尽きてしまい、日の丸の写真を取り損ねる。あぁーっ!
この博物館にはシベリアに抑留されていた兵士が持っていた日の丸が展示されている。ボロボロに朽ちた日の丸に書かれた「武運長久」の文字を見て涙するにゃおん氏。


パルチザンの兵士と少年
パルチザンの兵士と少年。かっこいいっす。


《つづく》

関連記事

テーマ : 東欧 - ジャンル : 海外情報

23:41  |  2008ベラルーシ・ウクライナ  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんにちは。
いつも楽しく拝見させていただいてます。観光地をめぐる旅行記とかじゃなくて、ちょっとズレたというか、異国で普通に生活してるだけみたいな雰囲気がとてもいいです。何気に私の旅行スタイルに近いですし。

私も去年の夏ごろにウクライナに行ってきましたよ。チェルノブイリとか見てきました。この旅行記によく出てくる変な?ウクライナ人みたいな人も、向こうではよく会いました。
ディナモスタジアム(横の公園の遊歩道からタダで試合見れそう)や、独立広場地下の寿司屋とか懐かしいですね。海外の日本料理を食べるのが私の趣味のひとつなので、この店ではないですが他のところで食べてみましたよ。味は・・・でしたが。サッカーの試合は、私がキエフを発った2日後とかに、対アーセナルがあってましたね。すごく見たかった・・・。

まあ、キエフでは滞在5日間中全部雨で、9月というのに気温10℃以下が続いたので、ろくすっぽ観光せずにホテルに篭ってましたが。他の街にいたときなんかは夏の暑さだったし、日本で気温を調べたときも平均気温が低くはなかったので、防寒着なんか持って行ってなかったですからね。

夏ぐらいは結構景気がいいな(バブル?)と感じたウクライナでしたが、今は経済危機にガス紛争で一気にボロボロですね。今の経済状況との落差をこの眼で見てみたいので、来年も行くかもしれません。キエフを見て回らなかったのが心残りってのもありますしね。まあ、なかなか面白い国だったのでもう一回行ってみたいってのが大きいですが。
旅人A |  2009年01月18日(日) 21:30 |  URL |  【コメント編集】

●携帯電話についてなのですが

はじめまして。去年の7月にロシアとウクライナを観光し、その際にロシアでメガフォンのプリペイド携帯電話を購入しました。おそらくSIMフリーです。
こちらしかし、度数が切れてしまって、日本で買い足したいのですが、
方法がわかりません。

にゃおんちゃんさんはキエフスターを使用しているそうですが、
日本国内でもキエフスターもしくはビーラインなどのSIMカードは買えますか?
にゃおんちゃんさんは国内ではキエフスターの携帯は使用してらっしゃらないのでしょうか。面倒な質問だと承知していますがよければ教えてください。
シンフェロポリ |  2009年01月20日(火) 06:20 |  URL |  【コメント編集】

>>旅人Aさん
やる気の無い旅行でどうもすみません。w
今回の旅行は特に腑抜けております。わざわざウクライナまで行っておいて「もう、どこにも行きたくない」と言い出すくらいですから。

キエフには日本人の板前さんがいる料理屋が数件あって、そういうところでは結構まともな料理を食えますよ。「スシ with キムチソース」などという殺気を覚える料理もあったりしますが・・・。

ディナモスタジアムの上にある公園に行った際、スタジアムが丸見えなことに驚いたのですが、スタジアムでハーフタイムの際にトイレに行ったら、やっぱり上の公園から試合を見ていた人達がいましたよ。


>>シンフェロポリさん
にゃおんちゃんは国内では日本の携帯を使用しています。そもそも、私のGSM携帯はデュアルバンドの安物なので国内で使えません。
外国キャリアのSIMカードについては、西欧やアメリカのものは売っているのは見たことがありますが、ロシアやウクライナのものは見かけたことはありません。需要が無さそうですしねぇ。

インターネットでリチャージできるキャリアもあるので、キエフスターのホームページを調べたところ「オンラインショップ」と「オンライン・ペイメント」なるものを見つけました。オンラインショップのほうは、ロシア語とウクライナ語のページしかないのでそれ以上は調べていません。また、オンライン・ペイメントのほうはどいうわけかページが表示されませんでした。ドメインを見ると「Privatbank.ua」となっているので、プリヴァトバンクのモバイルバンキング・サービスか何かを使って決済できるのかもしれません。
仮にオンラインでリチャージできるとしても、クレジットカード決済を認めていないキャリアが多いので、paypalか何かを使う必要がありそうですね。

Beelineのほうは英語のページすら無いという凶悪ぶりで、トップページだけ見て諦めました。
にゃおんちゃん |  2009年01月20日(火) 18:44 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://powerpopisland.blog68.fc2.com/tb.php/334-b91b1216

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。