2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.03.27 (Mon)

野党勢力で内紛勃発!もはやここまでか? - 2006ベラルーシ大統領選⑧

ミリンケビッチ、コズリンの両大統領候補率いるベラルーシの野党勢力は、選挙が終わった19日夜にミンスク市内の「10月広場」というところで約1万人を集めて抗議集会を行いました。抗議の内容は、「今回の選挙には数々の不正があるから、ルカシェンコ大統領の当選は無効である。7月に再度選挙を実施せよ」というものです。
19日以降も人数は3,000~4,000人程度でしたが、彼らは10月広場で毎日抗議集会を開いていました。また、週末の25日には再び1万人規模の大規模集会を計画していました。

最初は、「たかが1万人」とタカをくくっていたルカシェンコ大統領ですが、野党勢力の往生際の悪さについに堪忍袋の緒が切れたらしく、24日未明に治安部隊を投入して10月広場からデモ隊を強制排除しました。


ルカシェンコが牙を剥いてくれたほうが、実は野党にとっては好都合です。「人権弾圧反対!独裁者打倒!」という錦の御旗を掲げてデモ行進できるわけですし、そうなると欧米のメディアも注目してくれます。グルジアやウクライナと違い、ルカシェンコ大統領の政権基盤は非常に強力です。なので、野党勢力の味方は国内にはいません。彼らの頼みの綱は欧米諸国やその支援を受けたNGOです。
早速、野党勢力は強制排除にも懲りずに25日に再び集会を開きました。ただし、10月広場が当局によって封鎖されていたので、ミンスク市内の別の場所で行いました。

ところが・・・。


機動隊と衝突する野党勢力抗議集会の終了後、野党指導者のひとりであるコズリンが集まった群衆の一部を引きつれ、今まで当局によって逮捕された市民が収監されている警察の施設に向かってデモ行進を開始。その途中で警官隊と衝突し、けが人数名が出たほか、コズリンも逮捕されるという事態となりました。



問題はもうひとりの指導者、ミリンケビッチがこのデモ行進について全く知らなかったこと。どうやら、コズリンが勝手に一部の市民を扇動して行ったことのようです。
勝手なことをしてすっかり当局の態度を硬化させてしまったうえに、負傷者まで出してしまったコズリンに対して、ミリンケビッチは相当おかんむりの様子。

反政権側、流血の責任巡り内紛…ベラルーシ

【モスクワ=古本朗】野党のデモ隊と警官隊の衝突が流血の事態に発展したベラルーシでは、26日、2人の中核的野党指導者の間で流血の責任を巡り、内紛が表面化した。

親欧米派の野党指導者、アレクサンドル・ミリンケビッチ元大統領候補は25日の衝突の後、流血は、共に野党勢力を率いるアレクサンドル・コズリン元候補が、野党指導者を収容中の内務省施設へ向かうようデモ隊に号令したために起こった、と非難、コズリン氏と決別する意向を表明した。

これに対し、25日から警察に身柄拘束されているコズリン氏の陣営は、「ミリンケビッチ氏は怖じ気づき、自由への闘いを裏切った」とする非難声明で応酬。同氏が「政権の回し者」である疑いさえ提起した。

タス通信によると、ミリンケビッチ氏は26日、20万人規模の反政権デモを4月26日に決行する計画を明らかにしたが、野党内紛で、ルカシェンコ政権に抵抗する市民の士気が削がれる可能性も指摘されている。

ベラルーシ内務省は25日の衝突による負傷者数を「警官8人、市民1人」と発表したが、タス通信は衝突の際、「少なくとも3~4人の市民が警官に打ちのめされた」と報じており、真相は不明だ。

2006年3月26日 読売新聞



今頃、ルカシェンコ閣下は高笑いしてるでしょうね。
ただでさえ支持基盤が弱い野党勢力が内輪揉めしてるんですから。

チェルノブイリ原発事故から20年目となる4月26日に20万人規模のデモを計画してるようですが、今まで集まったのは最高で3月19日夜の1万人です。ミンスクの人口は180万ですが、集まったのはたったの1万人。ブレストやゴーメリといった他の主要都市ではこれに同調する動きは全く見られません。ミリンケビッチの地元であるグロノドですら、何も起こっていません。

これでどうやって20万人も集めるの?

関連記事

テーマ : 東欧 - ジャンル : 海外情報

19:14  |  旧ソ連諸国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://powerpopisland.blog68.fc2.com/tb.php/31-cf1eb4a9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。