2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.02.18 (Mon)

コソボ独立の謎

セルビア共和国からの独立を主張してきたコソボ自治州が、2月17日に独立を宣言しました。


コソボ 独立を宣言

【プリシュティナ(セルビア南部コソボ自治州)=黒沢潤】
コソボ自治州議会は17日午後(日本時間同日深夜)、セルビアからの独立宣言を採択し、国旗も決定した。米英仏独などの欧米主要国は速やかに国家承認する方針だが、セルビア政府は強く反発している。

サチ首相は議会で「人々に選ばれた指導部はコソボが独立した統治国家であることを宣言する」と独立宣言を読み上げた。この後、議員全員が挙手し宣言を採択した。議会では近く、憲法も採択される予定で、アルバニア系住民が約9割を占めるコソボにおけるセルビア系住民(約8%)の保護や、隣国アルバニアなど他国との合併を放棄する-などの文言が盛り込まれる。

英仏独や米国は18日にもコソボの国家承認を行う予定。欧州連合(EU)は、コソボを暫定統治してきた国連に代わる司法行政グループを派遣し、業務を6月をめどに引き継ぐ方針だ。世界銀行やEUは6月に復興支援会議を開催する。

セルビアのコシュトニツァ首相は17日、「コソボはニセモノの国家を作ろうとしている」と強調、独立を認めない考えを示した。セルビアは、コソボに制裁を科すことをすでに表明しており、コソボを承認した国の大使を召還するなどの外交措置もとる。

ロシアもセルビアと連携し、国連で独立無効を主張するとみられる。

2008年2月18日 産経新聞



「この日に独立宣言をするだろう」という情報は前から報道されていましたので、別にいまさら驚きませんし、セルビア人の若者が暴れてるという話も「( ´_ゝ`)フーン」ってなもんで。

そりゃセルビア人は怒るでしょうよ。コソボはセルビア王国発祥の地で大昔からセルビア人の土地だったのに、現在コソボに住んでるアルバニア系住民は後からやって来てあそこに住み着いて、「ヽ(`Д´)ノ独立する!」って言ってるんですから。

でも、アルバニア系住民はユーゴスラビア紛争の際に非暴力による独立運動を提唱していたのに、ミロシェビッチ政権はコソボの自治権を取り上げたうえに暴力でそれに応えた訳で、アルバニア系住民は「こんな奴らと一緒に暮らせない。何が何でも独立してやる!」と思うでしょうよ。


と、お互いに言い分はあるのですが、にゃおんちゃんが不思議に思ったことは、EUが「コソボ独立後の支援はするが、国家承認については加盟各国の判断に任せる」なんて寝ぼけたこと言ってる点です。
案の定、国内に分離独立運動を抱えるスペイン、ルーマニア、ギリシャ、キプロスなどはコソボ独立に反対ないし慎重な姿勢を取っています。そりゃそうでしょ、こんなもの安易に独立を認めたら自国の分離独立運動に飛び火しますがな。

南キプロスがEUに加盟する際の住民投票もそうでしたが、EUは何でこんなに無責任な対応をするのでしょうか?1999年にはNATO軍がセルビアを空爆してまで両者の争いを止めさせようとしているのに、どうしてここでこんなにやる気の無い対応?
もちろん放置もできないし、かといって加盟国の足並みを揃えることができないEUの辛さは分かりますがね。


コソボ政府は「100ヶ国近くから独立承認を貰えそうだ」と豪語していますが、国連安保理の常任理事国であるロシアが「コソボ独立は認めない」と明言しているので、コソボは独立しても国連には加盟できません。

それから、セルビアは1月20日に大統領選を控えていたのに、コソボが「独立するぞ、独立するぞ」とセルビアを煽っていたのも謎です。結果として親欧米派の現職ボリス・タディッチが再選されたから良かったものの、もし極右のトミスラブ・ニコリッチが当選していたらどうなっていたことやら。
わざわざ選挙の争点にするような真似をしてどうするんですか?コソボのアルバニア系住民は戦争したいんですか?EUだって「セルビアを刺激するような真似は止めなさい」と言うべきだったのでは?


謎はまだあります。アメリカやEUは明らかにコソボに肩入れしてます。
もし本当に平和的な解決を望むのなら、コソボの一部をセルビアに割譲するとかセルビア側が妥協できるような落とし所を探して、コソボ側にもそれを飲ませるべきじゃないですか?あんた達、コソボの言い分は全部丸呑みして、セルビアだけに譲歩を強いるんですか?
先日の「香ばしき国々:沿ドニエストル共和国編」において『かつての連邦構成共和国のみが独立国となる権利を持ち、その中にある州や自治共和国レベルの地域は独立できない 』というルールがあると書きましたが、今まで頑としてこのルールに反する国を認めなかったのにコソボだけ特別扱いする理由は何なのでしょう?

欧米諸国はコソボの味方をするふりをして殺し合いを誘発しようとしているのでしょうか?
仮に戦争になりコソボが敗北したとしても、コソボは今さらセルビアには戻れませんから、泥沼の内戦に陥ることは目に見えています。「ならば独立を承認しよう」ということなのでしょうか?

しかし、それが他の地域に飛び火することは考えていないのですか?
アブハジアや南オセチア、トランスニストリア、ソマリランドだって同じですよ?彼らだって今さらグルジアやモルドバやソマリアには戻れないと考えているはずです。
グルジアやモルドバでまた殺し合いが始まったら、どうするつもりなのでしょうか?


コソボ問題はにゃおんちゃんが不勉強なせいもあるのでしょうが、どうにも腑に落ちない点が多すぎます。

関連記事
19:29  |  旧ソ連諸国  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008年02月18日(月) 23:23 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://powerpopisland.blog68.fc2.com/tb.php/279-9f6b0ef0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。