2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.03.15 (Wed)

【世界の香ばしき国々】第7回:ソマリア(Part2) - 世界から見捨てられた国

前回の記事の続きです。

◆ブラックホーク・ダウン
バーレ政権崩壊後、USCではアリ・マハディ・モハメドが暫定大統領に就任するが、途端に内部抗争が始まるという馬鹿国お決まりのパターン。半年後にはこれに嫌気がさしたSNMが自分達の拠点である北部地域(旧イギリス領ソマリランド)を分離し、「ソマリランド共和国」として独立を宣言してしまう。

モハメド・アラー・アディード将軍一方、SNMに逃げられたUSC内でもモハメド大統領派と、軍を掌握するモハメド・アラー・アイディード将軍派が対立し始める。アイディードはハウイヤ氏族出身で、バーレ政権下でモスクワに留学した経験を持つプロの軍人。同じハウイヤ氏族の強力な民兵を率いており、かつてはバーレ政権の一員であったことからソ連製の兵器を豊富に有しており、難なくモハメド大統領を国外に追放する。追放されたモハメド大統領は国連に泣きつき、国連平和維持活動(PKO)部隊の派遣を要請する。
ただでさえ旱魃で食糧難だというのに長年に渡る内戦の結果、軍閥もどきやら武装強盗やらが跋扈するようになったソマリアでは大量の難民が発生して周辺国へ流出していたことから、国連安全保障理事会は'92年に米国軍を中心とする多国籍軍の派遣を決定した。

ところが、アイディード派は国連軍に対して宣戦布告し、パキスタン兵への襲撃を皮切りに次々と国連軍を攻撃するようになる。国連は食料配給と引き換えに武装解除を進めようとしたが、氏族から見れば武力を失えば自分たちの支配力失うことになるのだから、こんなものに応じるわけがない。
事態を重く見たアメリカは「アイディード派幹部を逮捕しないことにはソマリアに平和は来ない」と判断し、主にデルタフォースとレンジャー部隊によって構成された特務部隊を派遣する。ところが、アイディード派民兵から予想以上の反撃に遭い、兵士達が乗っていた輸送ヘリが撃墜されて大規模な市街戦に発展する惨事となった。
アイディード派は民兵に引き回される米軍兵士の遺体や捕虜にしたヘリのパイロットの映像を全世界ばらまき、この衝撃的な映像を見たアメリカ国民は大激怒。当時のアメリカ大統領ビル・クリントンは撤退を即決。1995年3月には国連軍がソマリアから完全撤退し、この国は国際社会から放置されることになる。
なお、この事件は後に、「ブラックホーク・ダウン」というタイトルで映画化された。


◆アメーバのごとく分裂増殖する自称「国家」
当面の敵がいなくなると、途端に内部抗争を始める。それが馬鹿国クォリティ。

ソマリアも例外ではなく、国連軍が去った途端にアイディード派の財政を支えた実業家アリ・アトが離脱し、将軍派とアト派の抗争が始まった。この抗争の最中にアイディード将軍が戦死し、アメリカへの留学経験があり元アメリカ海兵予備隊の伍長という経歴を持つ三男のフセイン・アイディードが後継者になる。
ケニアやエジプトが和平工作を持ちかけたがことごとく失敗し、しまいには'98年に北東部のダロッド氏族が「プントランド共和国」の樹立を宣言し、今まで静観を保っていた北部のイサック氏族(ソマリランド共和国)と領土紛争を始める始末。

遠く離れたアメリカはいざ知らず、隣国のケニアやジブチにとっては、難民が流れ込んで来たり、武装強盗に国境周辺を荒らされるのでソマリアを放置しておくわけにはいかない。
という訳で2000年にアラブ諸国が主導となってジブチで和平会議が開催され、氏族の代表らが集まり暫定政府樹立に向けて協議を行い、その結果アブディカシム・サラ・ハッサンを暫定大統領とする政権を発足させた。しかし、これはアラブ諸国主導で作られた政権であることから、アイディード派などの有力氏族はもちろんのこと、ソマリランドなどの独立勢力さえも暫定政府を「ジブチの傀儡」として承認せず、その後も内戦は続いた。


ちなみにこのハッサン大統領という男、アルカイダ系のイスラム原理主義テロ組織アル・イテハドの出身といわれている他、アラブ首長国連邦の企業集団バラカート・グループとの関係が取り沙汰されている。このバラカート・グループはソマリアで通信や金融などの事業を手広く行っていたが、後にアルカイダの資金源となっているとしてアメリカから取引停止を食らったいわくつきの企業だ。
ソマリアにはアルカイダの軍事訓練施設があるといわれており、アフガニスタンがアメリカに攻撃されると幹部がここに逃げ込んだと噂されている。アメリカでは、アフガニスタンのタリバン政権を打倒した後に「テロリストの隠れ家となっている」としてソマリアを攻撃するのではないかという噂があり、実際に国防総省などで検討されたようだが結局中止になっている。

湾岸戦争当時、アメリカ大統領パパ・ブッシュ周辺の石油関係者が何やら動いていた形跡はあるのだが、にゃおんちゃんのつたない英語力では全ての記事や資料を読むことができず、はっきりしたことは分からなかった。もしかすると、ソマリアにはアメリカが介入したがるだけの石油が埋蔵されているのかもしれない。


さて、この暫定政権は求心力が全然無い連中が集まって作ったものだけに状況は一向に改善されず、2002年にはこれに対立する南部の有力氏族達が南西部に「南西部地域自治政府(南西ソマリア)」を樹立してしまう有様。余計に分裂を促進してどうするんだ、こら。
これだけで既にアイディード派(ソマリア民主共和国)、イサック氏族(ソマリランド共和国)、ダロッド氏族(プントランド共和国)、南部の有力氏族(南西ソマリア)と四つの自称「国家」がソマリア領内に乱立している。さらに各勢力の統治が及ばない地域には有象無象の氏族や盗賊が存在しているわけだから、もう誰も手を付けられない。

しかし、難民や盗賊のみならずテロリストまでソマリアから輸出されて困り果てているケニアは、2004年に再び和平調停の場をお膳立てする。この会議にはソマリランドを除く各派が参加し、プントランド大統領のアブドゥラヒ・ユスフ・アーメドを暫定政権の新大統領に選出した。
このケニアの暫定政権は、2000年にジブチで設立された暫定政府を継承している他、ソマリランドを除く各派から閣僚が選出されているので、現状では一番正統な政権と言えるのかもしれないが、この政権を承認している国は今のところ殆ど無い。


◆現在の状況
現在のソマリアは無政府状態に相応しい香ばしさ満開で、難民支援のNGO職員などを狙った誘拐・殺害事件が多発し、2004年には国境なき医師団の現地責任者が殺害されている。また、近年ソマリア沖には海賊が出没するようになり、漁船を拿捕して乗組員を誘拐したり、国連の援助物資を強奪する事件が発生している。
自国民を助けに来たボランティアを誘拐・殺害するとは何事か、この馬鹿どもめ。お前ら、皆死ね。

さて、各自称「国家」の紹介をしておこう。

・ソマリランド共和国
1991年にイサック氏族を中心とした北部の住民が建国。旧イギリス領ソマリランドを実効支配し、ハルゲイサを首都とする。
選挙による民主的な政治が行われており、政情は安定している。外交関係も、どこからも国家として承認されていないにもかかわらず、隣国エチオピアとは緊密な関係を築くなど、分離国家としてはよくやっていると思われる。ただし、同じくソマリアからの分離を宣言したプントランドとは国境紛争を抱えていることから敵対関係にある。
比較的安定した国家運営が行われているだけに、この国はソマリアの暫定政権には激しく反発しており、再統一は極めて困難と思われる。

・プントランド共和国
ソマリア北東部3州を支配するダロッド氏族が自治宣言をし、ガローウェを首都として樹立した自治政府。ソマリランドとは異なり、連邦制によるソマリア再統合には賛成している。
'98年の独立以降、2003年まで内乱が続いていたことから、政治的にも経済的にも状態は良くない。が、天然ガスやウラン、鉄鉱石などが埋蔵されている可能性があることが分かり、現在試掘を行っている。

・南西ソマリア
ソマリア暫定政権と対立する有力氏族でつくる「ソマリア和解再生評議会」が、2002年にソマリア南西部6州を領土とし、バイドアを首都として樹立した自治政府。
対立しているといっても、プントランドと同様に連邦制による再統合には賛成している。そもそも、プントランドや南西ソマリアは、再統合ソマリアを連邦制国家とし、自国はその中の一自治共和国を目差していることから、ソマリランドのような完全分離独立志向とは異なる。

関連記事

テーマ : アフリカ - ジャンル : 海外情報

18:28  |  ソマリア  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●お久し振りです

お久し振りです、総統閣下。いつも「世界の香ばしき国々」の更新を楽しみにしております。

さて、今日、実に不愉快なニュースを見つけましたぞ。
「ソマリア 海賊の襲撃激化、国連人道支援物資輸送が危機に」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070527-00000009-maip-int
この国の民度の低さには絶句する他ありません。怒り心頭の余り、この国の馬鹿共を罵倒したくなりました。閣下、暴言お許し下さい(笑)。

いつまでも殺し合いに明け暮れてこのザマは一体何だ、この野蛮人共め!!貴様等みたいなキチガイは皆とっとと死にやがれ!!!
羊 |  2007年05月27日(日) 22:07 |  URL |  【コメント編集】

ソマリアでは国連のみならず、国境なき医師団も被害に遭っています。自分達を助けに来た人間から略奪する救いようの無い奴らばかりです。
フィンランドやビアフラで弱者の救済に活躍したローゼン伯爵を殺害したのも、ソマリアのクソゲリラでしたな。ほんとに迷惑な奴らです。ソマリランドの連中が「あいつらなんかと一緒にやってられるか」と独立を宣言した気持ちがよく分かります。
にゃおんちゃん |  2007年05月28日(月) 00:21 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://powerpopisland.blog68.fc2.com/tb.php/23-ef3fce5d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。