2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.09.18 (Tue)

2007モルドバ・ウクライナ旅行記(その11)

◆沿ドニエストルの秘密について考えてみる

『幻のソ連が生きる国~沿ドニエストル共和国』の首都ティラスポリにやって来たにゃおんちゃん。予想外のほのぼのぶりに困惑し、ソ連の残り香を必死に探す。

1991年にはモルドバ軍との軍事衝突もあり多数の死者を出しているのだが、首都のこの街は戦場になっていないので戦争の傷跡もまるで無し。戦場となったのは、ベンデールやティラスポリから70~80kmほど北にあるDubăsari(ドゥバッサリ)近郊らしい。
さらにその北にある小さな村にはこの地域に駐留していたロシア軍の武器庫がある。ソ連が崩壊した際にハンガリー等から撤退してきた旧ソ連軍がこの武器庫に大量の武器弾薬を残していき、この国がそれを売りさばいて外貨を稼いでいるという噂がある。いや、噂というより限りなく黒に近いグレーで、これを問題視したOSCE(欧州安全保障協力機構)はキシナウに事務所を構えてこの国を監視している。

しかし、旧ソ連時代の余剰&旧式兵器を売却して小銭を稼いでいるのは、この国だけではない。ロシアはもちろんのこと、ウクライナやベラルーシも同じことをしてアメリカを激怒させたことがある。
沿ドニエストル共和国の首脳陣に言わせれば、「そんな噂は、ロシアと我が国を敵視する西欧諸国、そして我が国と対立しているモルドバが流したプロパガンダだ」であり、一部にはOSCEが目くじら立てて怒るほど大規模な武器の売買が行われているわけではないと言う人もいる。

FCシェリフの場外チケット売り場
ティラスポリ市内で見た「FCシェリフ」の場外チケット売り場。


うーむ、どっちを信じればいいんだ?このきれいな街並みと平穏に暮らす人々の姿を見てしまうと、武器密輸で外貨を稼ぐ悪党国家には見えないし(一般的に、そういうことをして稼いだ金は庶民に還元されない)、しかしこんな国とも呼べない小国がそれなりに金を稼いでいるには何か秘密があるはず。
沿ドニエストル政府の発表によれば、この国の一人当たりのGDPは990USDで、モルドバとほぼ同等。数字だけを見ればスーダンやカメルーンよりも酷い。しかし、どう見てもこの国がスーダンやカメルーンより貧しいわけがない。もちろん、元共産主義国なので貧富の差が比較的大きくないとか、ソ連時代に最低限のインフラが整備されているからとか、ソ連時代の遺産で食いつないでいる部分もあるのだろうが。

莫大なアメリカの援助で水ぶくれしたかつての南ベトナムじゃあるまいし、ロシアが湯水のごとく援助をしているとも思えない。仮に大規模な援助があったとしても、ソ連クォリティの国でそれが庶民に還元されるはずがない。この国の独立によってモルドバは国内の工業力の35%を失ったというから、この地域はモルドバの中でも工業が発展してる地域なのは間違いない。しかし、まともに貿易もできないのに、作った工業製品をどうやって輸出してる?非承認国家という曖昧な立場を利用してウクライナ経由で散々密輸をして、ウクライナ政府を激怒させたという話は聞いたことがあるが・・・その密輸もウクライナが経済封鎖をしたので以前のように大っぴらにはできないはず。

なのに、どうしてこの街はこんなに穏やかなの?この国の国民は何をやって金を稼いでいるのだ?もしかして、アルメニア人やモルドバ人のように、ロシアやルーマニアに出稼ぎに行っているのか?
アントネスクがいればもっと色々なことを知ることができたのに・・・。いなくなった奴のことをグチグチ言っても仕方ない。


◆ティラスポリを行く

ティラスポリの街を歩くが、にゃおんちゃんの困惑は増す一方。
高層アパートは、大規模な改築を施したウクライナのものほどではないが、窓や壁にはきちんと手入れされた形跡がある。緑も豊かだし、公園では子供たちが楽しそうに遊んでいる。にゃおんちゃんが話しかけても逃げないし、カメラを向けると照れながらもにっこりと微笑む。
子どもというのはどんな環境でも元気だったりしますが、この子達のこの目の輝きは何なんでしょうか。庭には洗濯物が干してあったりなんかして、ほんとにほのぼの。うーむ・・・。

ティラスポールの子ども達
公園で遊んでいた子ども達。ヒネくれてなくて、マジで可愛かった。


とりあえず10USDばかり両替して、約70PRB(トランスニストリア・ルーブル)をゲット。1PRB=14~15JPYといったところか。小額紙幣に描かれている人物は18世紀に露土戦争などで活躍したロシア軍の大元帥アレクサンドル・スヴォーロフ。他にもウクライナの国民的詩人タラス・シェフチェンコや、ロシア帝国の女帝エカテリーナ2世が描かれている紙幣もあるらしいが見当たらなかった。えーと・・・レーニンとかカリーニンが描かれている紙幣は無いんですか?

沿ドニエストル・ルーブル
やたら小さいし、すぐにクシャクシャになるし、まるで「子ども銀行」のお金みたいです。

補助通貨としてコインもあり、こちらはには「CCCP」と書かれているという噂だったが、どうやらそれは古いコインのみらしく、にゃおんちゃんが入手したものには書かれていなかった。残念。


プロパガンダ看板散々歩き回って探した末に、ソ連チックなものをやっと見つけた。描かれている紋章はトランスニストリアの国章、「16」という数字は多分建国から16年という意味。下に書かれているロシア語は「沿ドニエストル共和国は存在する!」って意味。
散々歩いても見つけた香ばしいものはこれだけ。レーニン像はどこー?

さらに歩き続けると、陸上競技場と大きな公園を発見。こちらのスタジアムは「FCティラスポリ」のホーム・スタジアム。凄いね、こんな田舎なのにモルドバ1部リーグに所属するチームが二つもある。もちろんプロではないが。
人がいなくて寂しいが、公園にはゴミひとつ落ちておらず、芝生もきちんと刈られている。噴水もあっていい感じ。キシナウの公園は水が無い噴水ばっかりだったからな・・・。


◆「ヤバい国で圧政に苦しむ可哀想な人達」はどこ?

公園のど真ん中に軍人の像が立っている。多分、第二次世界大戦でこの街をドイツ軍から解放した将軍なのだろう。この手の像はどこの街にもある。しかし、この将軍の名前が分からない。どこにも名前が書かれていない。うーむ・・・。
像の前で首を傾げていると、子どもを連れた若い女性がやって来た。幸いなことに彼女は英語を話せた。しかも上手い。将軍の名前を教えてもらったが、5分で忘れた。

「私はこの街の大学で英語を学んでいるのよ」

ティラスポリ唯一の総合大学『T.G.シェフチェンコ大学』か。どおりで上手いわけだ。
この子は君の娘か?

「いいえ、この子は私の姪っ子よ。この子と一緒に公園に散歩に来たの」

あー(;´Д`)、失礼しました。確かに子持ちには見えないわな。若くて美人だし、何気にやたら露出度が高くセクシーな服を着てる。いくら暑いからってあなた・・・。
あれ?結婚指輪してる。

「ええ、私は結婚してるのよ」

彼女は学生だが既に結婚していて、夫はキシナウで仕事をしているという。車で1時間程度だし、途中に国境があるとはいえ行き来は簡単だし、通勤していても不思議ではない。
キシナウに引っ越そうとは思わないの?

「私はこの街が好きなのよ。キシナウと違って、穏やかで綺麗な街でしょ?」

ああ、ほんとにそのとおりで驚いたよ。でも、政治的に色々と問題があるけど・・・。

「私たちはモルドバでもウクライナでも自由に行けるわ。問題ないわよ。それにこの国には旅行者もたくさん来るのよ」

そうだ。さすがに非承認国家のパスポートでは外国に行けないので、国民の多くはモルドバやロシアの市民権を取得してパスポートを所有している。
偽ソ連といえども、かつてのソ連のように人やモノの行き来を鉄のカーテンで遮断しているわけではない。ということは、圧政など敷けばたちまち国民は逃げ出すわけで、やはりこの国はそんなにメチャクチャな政治をしているわけではないのかもしれない。一応複数政党制で議会は野党が多数派だし。その点では、ベラルーシよりマシだなぁ。

「よく知ってるわね。私もモルドバのパスポート持ってるのよ。あなたはどこから来たの?」

日本ですよ。

「モルドバを見に来たの?それで、この街は気に入った?」

うーん・・・気に入ったとは言えないが・・・。でもねぇ、正直言って驚いた。まともで。
やっぱり自分の目で見ないと分からないもんだね。いや、でもこれで田舎に行ったら最低だったりして。(;´д`)


我々が話をしている間、彼女が連れていた子どもは乗り物に乗って遊んでいた。うーむ、楽しそうだぞ。彼女にしろこの子にしろ、小奇麗だし穏やかな表情をしている。やっぱりどう見ても「ヤバい国で圧政に苦しむ可哀想な人」には見えない。
15分ほど立ち話をした後、彼女は姪っ子を連れて帰って行った。

彼女が連れていた姪っ子
この子が姪っ子。人懐っこくて、めちゃめちゃ可愛かった。将来は美人に・・・。


《つづく》

関連記事
02:06  |  2007モルドバ・ウクライナ  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●普通・・・・・

なんかすごく普通ですね。「変な国」を期待してたのに、なんかがっかりですね(笑)。
keta |  2007年09月18日(火) 17:08 |  URL |  【コメント編集】

前菜とメインディッシュが入れ替わってしまいましたね。

haru |  2007年09月18日(火) 22:54 |  URL |  【コメント編集】

ほのぼのしてますな。
とても珍しいw
daikichi1966 |  2007年09月18日(火) 23:55 |  URL |  【コメント編集】

>>ketaさん

ティラスポールは一応首都なので、それなりに綺麗にしているのかもしれませんね。でもね、気になった点がいくつかありました。
この街は「活気」が全く無いんですよ。綺麗だけど、人通りも少なくてガラーンとしてる。キシナウですら、メインストリートや市場周辺はそれなりにガヤガヤしていたのに。それから若者をあまり見かけなかった。

冬だとか、天気の悪い日だとか、夜に見たら、また印象が大きく変わるかもしれませんね。


>>haruさん

モルドバのほうが腐ってます。トランスニストリアは腐りたくても、腐るほど熟れているものが無いって感じ。
でも、モルドバ人って素朴(悪く言えば田舎者だが・・・)だと思いますよ。兄弟国であるルーマニアの評判の悪さと比較したら、よく分かります。にゃおんちゃんはモルドバでボラれたり、ふっかけられたり、騙されたりしませんでしたから。
ルーマニアって何であんなに評判悪いんでしょうね。


>>代吉さん

あのね、ベラルーシみたいなドンヨリ感を想像していたので、ほんとに驚いた。w
にゃおんちゃん |  2007年09月18日(火) 23:55 |  URL |  【コメント編集】

 私も2年前にモルドバを訪れたのですが、統計よりずっと裕福に見えました。とてもここがヨーロッパ最貧国だとは思えませんでした。ただモルドバ人の友人に聞いたのですが、モルドバは本当に貧しいらしく、生まれてこの方ヨーグルトを食べたことがない人が相当いるとか、腎臓を売る人がいるとか教えてくれました。
 やはりソ連が昔最低限のことをしてくれたのでしょうね。
 だからストック面から見れば、それほど貧しくないけど、フロー面では極貧なのでしょうか?
べラファン |  2010年08月20日(金) 22:19 |  URL |  【コメント編集】

 あとルーマニアについて言及されていましたが、やっぱりあの国の評判て最悪なのですか?
 私は3年前に訪れたのですか、民度は本当に本当に本当に最悪でした。ベラルーシ人やウクライナ人の方が圧倒的にマシです。
 ルーマニア人の民度は、ヨーロッパ最低だと保証します。(ちなみに二番目がモルドバ。この民族頭おかしくないか?)

 
 タクシーの初乗りは3000円くらいでしょうか?(笑)
 で、タクシーに乗れないので、道案内を乞うた際、「そこへは歩いて行きたい」というと、お前はタクシーに乗る金もないのか、と突っかかってきます。
 自分は、英語ができず、ドイツ語ができるので、まず「ドイツ語ができますか」と聞くと、お前は英語も話せないのか、と突っかかってくる。
 おまけに、「お前はルーマニアに金を稼ぎにきたのか」と言われました。
 
 ルーマニア人は、もう一度チャウシェスクに鍛えなおしてもらう必要があるでしょう。
 あの民族のクオリティなら、チャウシェスクのようなトンチキな指導者が現れてもまったく不思議ではないと思いました。
べラファン |  2010年08月20日(金) 22:45 |  URL |  【コメント編集】

●ルーマニア、ひどいwww

いやー、「本当に本当に本当に最悪でした」という記述に笑ってしまいました。ごめんなさい。やはり、ルーマニア人は酷いんですね。
私自身は直接嫌なことをされたことは無いのですが、行った人の話を聞いたり、ネットで書かれていることを見ると、まあ評判の悪いこと。あまりの評判の悪さにビビって3年前に行くのを止めてるくらいで。
あいつら、こっちがルーマニア語分からないと思って平気で悪口言ったり、どうやって金をまきあげるか目の前で相談するらしいですよ。w

モルドバの民度は下から二番目ですか。モルドバで何か嫌な経験をされたのですか?
私はキシナウに到着したその日の夜に繁華街で花売りをしてる子どもを見たり、警官に金をむしられたりしたので、第一印象は最悪。「こんな国はルーマニアに併合されて滅びろ」と思ったほどでしたが、後にそれは大きく変わりましたねぇ。
モルドバ人って民族的にはルーマニア人と同じですけど、メンタリティが全然違うと思いますよ。正直で素朴な人が多いですもの。農業国だからなのか、ロシア人に統治されていたからなのか、理由はよく分かりませんけどね。

モルドバは農業国だから、贅沢しないで自国で生産される食糧品をメインに食べていれば、そんなにお金は掛からないみたいです。田舎に行けば殆どの家に家畜がいますし。あとはソ連時代に最低限のインフラが整備されている(かなり老朽化してますが・・・)ので、そういう意味ではそれなりにストックは蓄積されていると考えられます。
一方のフローは外貨を稼げる産業が皆無ですから、相当貧弱だと思われます。元々お金をかけない生活をしているうえに、地下資源も無いからGDPだけ見ちゃうとアフリカ以下になるという。
しかし、国産品だけで日常生活の全てを賄えるわけではありませんし、ガスや石油の価格がすごい勢いで上昇しているので、結局は足りない現金収入を補うために多くの国民が外国へ出稼ぎに行っているという現状です。
スーパーマーケットに行って日本と同じ感覚で買い物してると、結構輸入品が多く混じるので、あっというまに2~3,000円くらいになるんですよ。でも、平均的なモルドバ人の月収なんて200ユーロとか300ユーロ程度ですから、これでどうやって暮らしてるの?と不思議に思います。
にゃおんちゃん |  2010年08月24日(火) 21:32 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://powerpopisland.blog68.fc2.com/tb.php/224-1bf2ff59

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。