2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.01.19 (Thu)

【思い出の80'sメタル】第1回:FM - バンド名が失敗の元?

さてと、いよいよ今日から色々と書いていきたいと思います。
初回からいきなり東欧の独裁者の話をして読書に逃げられるのも嫌なので、まずは無難にロックの話から。ENUFF Z'NUFFからは随分と縁遠いバンドですがね。で、そのバンドはこれ。


FMいきなりこんな写真を見せても、「誰だ?」って言われちゃいますかね。サングラスをかけたハゲが一人いますが、THUNDERではありません。w

イギリスのFMというバンドです。
元WILDLIFE、DIAMOND HEAD、SAMSON等のメンバーが集まって結成されたバンドで、86年にデビューしました。当時はNWOBHMで盛り上がった反動かハードロックバンドにとっては非常に厳しい時代で、メジャーデビューするバンドは殆どいないような状況でした。そんな中でNWOBHMの残党達は「生き残るためにはアメリカに進出するしかない、シングルヒットを狙うしかない」と考えたようで、TYGERS OF PAN TANGやSAXONですら腑抜けたハードポップ路線に走る有様でした。

そんなわけで、この時期にはTHUNDERの前身であるTERRAPLANE、元IRON MAIDENのデニス・ストラットン率いるLIONHEART、PRAYING MANTISとクライヴ・バーが合流したSTRATUSなど、ブリティッシュ・ハードポップと呼ばれる産業ロック系のバンドが数多く登場しました。あのポール・ディアノですら、DI'ANNOというバンドで頭にチューリップが咲いたかのような能天気でポップな曲を歌っていたんですから。


このFMもそういう時代に登場しただけあって、洗練された大人のハードロックを披露するバンドでした。バンド名やルックスからして、ラジオでのオンエアーやシングルヒットを狙ってるのがプンプンします。口の悪いファンは「NWOBHMの負け犬どもが軟弱な音楽をやってる」なんて言ってましたが、オイラは不思議なことにこの手のバンドが大好きで、このバンドは実績のある人達が作ったバンドだけにデビュー作から質が高く、当時はよく聞いたものでした。
しかし、他のブリティッシュ・ハードポップ・バンド同様、この手の音はあまりイギリスではウケないらしく、かといってアメリカに進出する力も無く、彼らの出自を知っているハードロック・ファン達には「軟弱者」とそっぽを向かれ、メジャーからドロップする羽目に。この手の路線で成功したバンドなんてMAGNUMくらいではないでしょうか?もっとも彼らも欲をかいてアメリカ進出を狙って酷い目に遭った末に解散するのですが・・・。

90年代に入りメンバーチェンジをきっかけに彼らはBAD COMPANY風の渋いブリティッシュ・ハードロックへ変身し、92年にリリースされた「APHRODISIAC」や「LIVE : ACOUSTICAL INTERCOURSE」は日本でも話題になりました。が、イギリスでの状況は改善されることはなく、結局96年の「PARAPHERNALIA」を最後に解散してしまいました。


INDISCREETボーカルのスティーヴ・オーヴァーランドの名前をたまにトリビュート・アルバムや誰かのソロアルバムなどで見かけるのを除けば、ここ数年FMのことなんてすっかり忘れていたのですが、先日馴染みのCD屋で1stアルバム「INDISCREET」を見つけまして。CDで買い直してもいいかと思い、購入しました。で、この手の再発盤にはボーナス・トラックが入っているものが多いのですが、このアルバムも例に漏れず3曲のアウトテイクと5曲のライヴ音源が追加収録されており、このライヴ音源が素晴らしいこと!

とにかく演奏が上手いです。スタジオ盤と変わらぬ精度で再現してます。その演奏の上に乗るスティーヴ・オーヴァーランドの歌も完璧。というか、スタジオ盤よりも数倍ソウルフルで素晴らしいといったらありゃしない。「LIVE : ACOUSTICAL INTERCOURSE」を聞いたときに、ライヴでもこんなに上手い人だったのかと驚きましたが、この当時からこんな凄かったんですね。
1stアルバムでもこれくらいソウルフルな歌を披露していれば、このバンドの運命は少しは違ったかもしれませんね。スタジオ音源では妙にあっさりしていて、彼の凄さはあまり伝わりませんから。

「LIVE : ACOUSTICAL INTERCOURSE」でライヴバンドとしての実力は証明されていますが、デビュー当時からこんなにしっかりしたライヴをやるバンドだったんですね。考えてみれば、ボーカリストとリズム隊は変わってないわけですから、当然といえば当然ですけどね。このラインナップで再結成してくれないかなぁ?ギターのクリス・オーヴァーランドがとっくの昔に音楽活動から引退しているので、無理だよなぁ・・・。いや、でもオリジナル・ラインナップのPRAYING MANTISの例もあるし・・・ブツブツ。
関連記事
19:54  |  ロックな生活  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://powerpopisland.blog68.fc2.com/tb.php/2-2f666b10

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。