2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.06.06 (Wed)

黒猫が選ぶ80'Sメタル100選(その2) - V/VOW WOW

最近、更新が滞り気味ですが、仕事がメチャメチャ忙しいのです。ポンセの野望についてはもうしばらくのお待ちを。
で、お久しぶりのこのコーナーの登場。第2回となる今回はVOW WOWの登場。


V / VOW WOW (1987)

V 1.Don't Tell Me Lies
 2.Somewhere In The Night
 3.The Girl In Red
 4.Break Out
 5.Cry No More
 6.Same Town
 7.Born To Die
 8.Waited For A Lifetime
 9.Don't Leave Me Now
10.War Man
Produced by KIT WOOLVEN
Performed by GENKI HITOMI(Vo), KYOJI YAMAMOTO(G), NEIL MURRAY(B), TOSHIHIRO NIIMI(Ds), REI ATSUMI(Key)


【歴史】
天才ギタリスト山本恭司率いる日本初の本格的HRバンドBOW WOW。70年代後半にディスコ・ミュージックやパンクが流行った際には歌謡曲路線に走って大ヒンシュクを買った彼らだったが、NWOBHMのムーブメントに合わせて1981年リリースの「HARD DOG」でHR路線に回帰する。
昔から歌詞が英語の曲が多かったことから分かるとおり、元々海外指向の強かった彼らはイギリスでのHR/HMの盛り上がりを見て欧州進出を決意し、1982年夏に渡英する。イギリスの老舗ロック・フェスティバル「レディング・フェスティバル」に出演した彼らは、その日の出演者の中で一番だったと多くの人に言わしめるほどのパフォーマンスを見せ、手厳しいイギリスのロックファンに「日本にBOW WOWあり」と見せつけた。
彼らのアルバムはダービーのインディペンデント・レーベル『Heavy Metal』を通じてイギリスでも発売され、翌1983年に再び渡英してツアーを行っている。

ところが、突然のメンバー・チェンジがバンドを襲う。1983年11月にもう一人のギタリスト斎藤光浩が脱退したのだ。BOW WOWは1975年の結成以来一度もメンバー・チェンジが無かったことに加え、斎藤はギターのみならずボーカルも取りソング・ライティングもこなす存在だった。歌謡ロック時代のBOW WOWはむしろ彼がバンドの中心と言ってもよいほどで、山本と共にバンドの方向性を担っていた斎藤を失ったBOW WOWは活動を停止する羽目となる。
残されたメンバーは「斎藤抜きでは今までのような音楽性は維持できない」と考え、選任ボーカリストに元NOIZEの人見元基(それまでのBOW WOWは山本と斎藤がリード・ボーカルを分けあっていた)、さらにキーボードに厚見玲衣(元MOON DANCER)を加え、新たにVOW WOWとして生まれ変わった。

1983年に「BEAT OF METAL MOTION」をリリースすると、ストレートなHRが身上だったBOW WOWとは異なり、厚見のキーボードが活躍する重厚でドラマティックなHRを披露してリスナーを驚かせた。また人見の日本人離れしたパワフルな歌と完璧な英語の発音も、多くの人の度肝を抜いた。
1985年に「CYCLONE」、1986年に「VOW WOW III」をリリースして、とても日本人が演奏しているとは思えない完璧なサウンドを作り上げた彼らは再びイギリス進出を決意する。1986年秋に渡英した彼らはロンドン近郊でライヴを重ね、翌年にはメジャー・レーベル『Arista』との契約を手に入れる。
ベーシストの佐野"キンさん"賢治が「家族との暮らしを優先させたい」という理由で脱退するというアクシデントがあったものの、後任に名手ニール・マーレイ(元WHITESNAKE, GARY MOORE BAND)を迎え、『Arista』移籍第一弾として1987年に発表されたのが本作。

1987年当時の宣材写真
1987年当時の宣材写真。右下に『Capital』のロゴが見えるが、彼らのアルバムはアメリカでも発売されていたのだ。にゃおんちゃん、知らなかったぞ。


【本作の聴きどころ】
当時の彼らは売り出し文句に「メガ・ロック」という表現を使っていたが、まさに「メガ」としか言いようがない巨人がそびえ立つような迫力あるサウンドを披露している。加えて、霧が立ち込めるロンドンの街を彷彿させるような深いリヴァーヴがかかった音も最高だった。1987年当時でさえ、ここまで深いリヴァーヴがサマになるバンドはVOW WOWとWHITESNAKEくらいしかいなかった。
楽曲のインパクトなら前作「VOW WOW III」のほうが上だが、メジャーとの契約を手に入れて欧州進出が現実のものとなりつつあった時期に製作されたせいか、歌や演奏のスケールがデカくてパワフルなので、こちらを選択した。

その小柄な体のどこにそんなパワーが?と思うくらいパワフルな新美俊宏のドラムから始まるLED ZEPPELIN風の①(もちろんこのバンド流に染め上げられており、KINGDOM COMEじゃあるまいしZEPの物真似ではない)、厚見の重厚なキーボードが冴える②③、ASIAのジョン・ウェットンが作詞を担当した劇的な⑨あたりは特に素晴らしい。
特に厚見の作曲による⑨は「どうしてこれがヒットしなかったんだ?」というくらいの名曲。イギリスではそれなりに話題になったようで、今でもイギリスに根強いファンを持つ。イギリスでコツコツとライヴをやっていたせいか、イギリスでは日本のHR/HMといえばLOUDNESSではなくこのバンドを挙げる人も多い。

当時のライヴの模様
これも1987年頃のライヴ写真。恭司さんと比較すると、ニール・マーレイがいかにデカいか分かる。


キーボードが活躍する重厚でドラマティックな正統派HRで、VOW WOW解散後に山本が結成するWILD FLAGや再結成BOW WOWとも異なるし、世界的に見ても他に似通ったようなバンドがいない。
メロディアスでドラマティックなHRが好きな人は一聴してみるべし。


【その後】
1989年に「VIBE」をリリース(イギリス盤は「HELTER SKELTER」というタイトルで、内容も若干異なる)し、コツコツとイギリスでライヴ活動を続けるがバンドを取り巻く状況は変わらなかった。しかも、ツアーを終えるとニール・マーレイが脱退し、BLACK SABBATHに加入してしまった。
ニールを失ったVOW WOWは、クラブや小ホール規模の会場によるショート・ツアーを年に2回程度行うのみという状況から抜け出すべくアメリカ進出を画策する。活動の拠点をアメリカ西海岸に移し、新ベーシストに元LIONS & GHOSTのマーク・グールドを加入させたのだ。
そして、1990年に「MOUNTAIN TOP」をリリース。プロデューサーにKISSやPINK FLOYD等を手がけた大物ボブ・エズリンを迎えた力作だったが、頼みのアメリカでの発売が宙に浮くと、以前から音楽性の不一致や日本人のロック・バンドに対する偏見といった問題に悩まされていたバンドは一気に傾き、結局まもなく解散してしまった。

VOW WOW解散後、山本はWILD FLAGを経てBOW WOWを復活させ、現在は新美、斉藤と共に活動している。ベースはキンさんが堅気の仕事に就いているため、サポート・メンバーを起用している。(そんなキンさんだが、スケジュールが合えばたまに飛び入り参加する)
厚見はRED WARRIORSのメンバーとCASINO DRIVEというバンドを結成するが、さほど長続きせず、現在は様々なセッション・ワークを行っている。

そして、人見に至ってはあれほどの歌唱力を持ちながらあっさりとミュージシャン稼業を引退し、英語の先生になってしまった。現在は千葉県の公立高校に勤務している。都内のライヴハウスで行われるセッション・イベントにたまに飛び入りして数曲程度歌うらしいが、見た目は酔っ払いオヤジなのに歌いだすとやはりあの人見元基そのものだそうで、そのたびにファンは複雑な心境になるという。
また、2004年まで放送されていた「まるむしQ」というNHKのTV番組で使用される曲をいくつか歌っており、子ども向けの番組に似つかわしくないど迫力の歌を披露している。


【参考作品】
「V」を聴いて気に入ったら、お勧めしたいのが次の2枚。
まずは「VOW WOW III」。「V」と並ぶVOW WOWの最高傑作。この2枚を聴いて気に入ったのなら、他のアルバムを揃えても後悔しないだろう。
続いてBOW WOW時代の1982年にリリースされた「ASIAN VOLCANO」。メンバー3人が一緒とはいえ、BOW WOWとVOW WOWは音楽性が全く異なり、別のバンドだと思ったほうがいい。しかし、それでも20年以上も前にイギリスに殴り込みをかけた日本のHRバンドの心意気と、イギリスのキッズを驚かせた豪快な音を知ってもらいたい。

VOW WOW III ASIAN VOLCANO


【YouTube】
1989年3月15日、ロンドンのアストリア・シアターで行われたライブ映像。

Don't Leave Me Now / VOW WOW


関連記事
21:45  |  黒猫の80'Sメタル100選  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●おお。

ハイチのgdgdぶりを読みに来たのにいきなりこれとは(;^ω^)
私もVOWWOW大好きっす。
人見先生のライブは3年くらい前に見に行きましたが、空き缶の山を築きながら当時のまま、パワフルな歌声でしたよ。
恭司さん、厚見さん、人見先生の3人で去年ちょこっとセッションした、なんて話も聞いてるので、何かちょっとやってくれるといいんだけどな。
spike |  2010年01月28日(木) 17:02 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://powerpopisland.blog68.fc2.com/tb.php/190-16c1cdb4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。