2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.01 (Wed)

2006バルト三国旅行記(その23) - リトアニア名物「十字架の丘」を目指す(9月10日)

前回の記事の続きです。
十字架の丘へ行く方法です。意外と簡単でした。行かれる方は参考にしてください。


◆十字架の丘へ行く方法

まるで人の気配がしないシャウレイの駅前からバスターミナルを目指して歩くにゃおんちゃん。駅前でおじいちゃんに「ここを真っ直ぐ」と言われて500~600mほど歩くが、いつまで経っても何も見えない。
本当にこっちでいいのだろうかと不安になりはじめたその時、向こうから小さな子供を連れた夫婦が歩いてきた。すかさずロシア語とリトアニア語のちゃんぽんでバスターミナルの場所を尋ねると、流暢な英語で「ああ、バスターミナルならその陸橋のすぐ向こうさ」と言われた。目の前にある陸橋が邪魔で見えないだけで、すぐそこだった。

陸橋の下をくぐると本当にそのすぐ裏にバスターミナルがあった。5本程度のレーンとプレハブ小屋があるだけの小さなバスターミナルだ。事務所があるプレハブ小屋に入るとツーリストインフォがあったので、十字架の丘に行くバスの時間を尋ねる。窓口のおばちゃんは英語を話せなかったが、すぐに見当がついたようで十字架の丘のイラストが入った紙をくれた。
普通のコピー用紙を使って印刷機で作ったような代物だが、最寄のバス停の名前と行き帰りのバス時刻が書いてある優れものだった。うーむ、これは便利だぞ。素晴らしい。しかもこの小さなターミナルには荷物の預かり所まであった。これで重たい荷物を担いで行かなくて済む。本当にありがたい。
バスのチケット(1.6LTL)を買い、荷物を預けて外へ出る。次のバスは10時25分なので、20分ほどあたりをブラブラする。

シャウレイのバスターミナル

やがてバスがやって来たが、これがすげーオンボロ。ホディには錆が浮いていてスクラップ寸前の様相を呈していた。バスに乗り込む際に運転手に「ドマンタイ!」と言うと、首を振って「乗れ」という仕草をされた。ローカル・テイストがプンブンするバスでシートなんて木製だぞ。何とも凄いバスだ。ソ連時代に作られたバスなのだろうか?

十字架の丘へ行くバス


バスはシャウレイの中心街を走りぬけ、北へ向かう。リガへ向かう主要道路なので道路は整備されており交通量も多い。牧草畑が広がる中にポフラ並木があったりなんかして、何とも牧歌的な風景の中をバスは走る。
やがて何も無いところでバスが突然止まり、運転手がこっちを見て「ドマンタイ!」と叫ぶ。どうやらここらしい。にゃおんちゃんが出口へ向かうと、奥の席からバッグパックを背負った男性が慌てて走ってきた。彼も十字架の丘へ行くのだろう。

バスを降りると、ポンコツはにゃおんちゃんに排気ガスを浴びせて走り去った。周りを見渡すが、牧草畑が広がるだけで本当に何も無い。それでいて車だけはビュンビュン走っている。リトアニア中部からリガへ向かう主要道路だから別に不思議ではないが。
道路の反対側(シャウレイから来ると進行方法から見て右手)に並木道があり、その入口に「←十字架の丘 2km」という標識が立っている。標識の他に十字架のオブジェなどがあるし、他に脇道は無いので間違える人はいないだろう。

十字架の丘の入口にある標識


【シャウレイ情報:その1】
・ヴィリニュスからシャウレイを経由してクライペダまで行く列車は、朝の6時30分と夕方17時の二本。所用時間は2時間半~3時間程度で、料金は25.7LTL(シャウレイまで約1,100円)。事前にヴィリニュス駅のツーリストインフォで確認しておいたほうが無難。
・シャウレイやクライペダへ直接行く高速バスもある。真っ直ぐクライペダへ行くならバスのほうが早いと思う。便数も列車よりずっと多くて便利。
・シャウレイのバスターミナルは、駅前を走る道路を左(方角にして西)に約500mほど行ったところにある陸橋のふもとにある。駅前から見えるので陸橋を目指して歩くべし。そこから北へさらに数百メートル歩くとシャウレイの中心街にたどり着く。
・十字架の丘へ行くには、シャウレイの北にあるヨニシュキス(Joniskis)という街に行くバスに乗り、その途中にあるドマンタイ(Domantai)というバス停で降りる。ツーリストインフォのおばちゃんに「ドマンタイ」と言えば、バス時間が書いてある紙を貰えるだろう。当たり前の話だが、リトアニア語で「Kryziu Kalna」と言えば確実に通じる。
・所用時間は15~20分程度で、運賃は1.6LTL(約69円)。一日9往復で1時間に1本ずつバスが走っているが、最終便は17時台なので帰る時間には注意が必要。
・ドマンタイのバス停は目印となるものが本当に何も無いので、事前に運転手にドマンタイに着いたら知らせてくれるよう頼んでおいたほうがいい。
・バス停から十字架の丘まで約2km。バスターミナルに荷物を預けて身軽になっておいたほうがいい。
・詳しいことを知りたい人は、にゃおんちゃんまでご連絡ください。分かる範囲でお教えいたします。

関連記事

テーマ : バルト三国 - ジャンル : 旅行

20:16  |  2006バルト三国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://powerpopisland.blog68.fc2.com/tb.php/106-4faaa13f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。