FC2ブログ
2006年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2006.07.03 (Mon)

【世界の香ばしき国々】第16回:中央アフリカ(Part3) - 騒乱続きで外資も逃げ出す悲惨な国

前回の記事の続きです。
ボカサ皇帝が失脚した中央アフリカですが、状況は全く改善されません。アフリカ諸国はどこもこんな調子で、政情が安定するという点では独裁のほうがマシなんじゃないかと思います。
「独裁=絶対悪」と思いがちですが、中国にしろこの手の国にしろ、独裁でもやらないと国が治まらないんですよね。内戦でズタズタになるくらいなら独裁のほうがマシですよね。

◆相変わらず選挙とクーデターの繰り返し
クーデター後、大統領に復帰したダッコは'81年の選挙で再選されるが、選挙不正に反発した野党勢力が大規模なストライキを起こし国内は混乱した。すると、アンドレ・コリンバ国軍参謀長がクーデターを起こして実権を掌握、ダッコは再び失脚した。コリンバは1986年の選挙によって大統領に就任すると、1993年まで政権を維持した。

アンドレア・コリンバ元大統領1990年代初頭までは隣にスーダンやコンゴ共和国(当時はコンゴ人民共和国)といったイスラム原理主義や共産主義の国があったことから、フランスは中央アフリカの独裁を大目に見てきた。しかし、ベルリンの壁が崩壊し東西冷戦が終結すると、親仏というだけでは横暴な政治を行うことは許されなくなった。

コリンバは渋々ながらも1991年から複数政党制を導入し、'92年には初めてまともな選挙を実施した。今までは合法政党がMESANのみだったため、候補者は現職一人のみという場合が多く、信任投票に過ぎなかった。選挙にはコリンバや元大統領のダッコなども出馬したが、アンジュ・フェリックス・パタセが当選した。
すると選挙に負けたコリンバは突如選挙の無効を宣言して、引き続き大統領の座に居座ろうとした。しかし、10ヵ月後のやり直し選挙でもパタセが勝利。往生際の悪いコリンバはクーデターを画策したが失敗し、裁判にかけられそうになるとウガンダへ逃亡してしまった。


アンジュ・フェリックス・パタセ前大統領1993年10月に大統領に就任したパタセは、元々は熱帯農業に関する研究者でフランスに留学した経験も持つ。1965年にダッコ政権で大臣に就任して政界に進出すると、ボカサの妻の従兄弟だったことからボカサ政権でも重用され、約10年間にわたって様々な大臣ポストを歴任した。ボカサ政権が崩壊すると、その主要閣僚だったパタセはダッコやコリンバによって激しく弾圧され、フランスへ逃亡する羽目になった。しかし、1991年に中央アフリカが民主化されると帰国して大統領選に出馬した。

中央アフリカの大統領は代々南部出身者が多く、長年に渡って南部氏族が優遇されてきた。しかし、北部出身のパタセは南部人が持っていた利権を取り上げ、それを北部人に与え始めた。当然、南部人は怒る。南北対立の激化が経済に影響を及ぼし始めると、政府は公務員に対して給料を払えなくなり、これに怒った国軍兵士の一部が1996年4月から半年間のあいだに3度も大規模な騒擾事件を起こしている。

パタセはフランスの支援を得て体制を立て直そうとしたが手に負えず、周辺国が調停に乗り出す事態となり、ガボン、ブルキナファソ、マリ、チャド、セネガル、トーゴの6ヶ国で構成されるアフリカ仲介軍(MISAB)が派遣された。MISABの活動は国連PKO(国連中央アフリカ共和国ミッション:MINURCA)に引き継がれ、1999年9月にはその支援のもとで大統領選挙が実施されパタセが再選された。


◆ボジゼ政権の現状
それでも国内の政情不安は治まらない。この手のダメ国は独裁者いなくなると、途端に内輪もめを始めるケースが多い。
中央アフリカもその例外ではなく、MINURCA撤退後も国連やIMF、世界銀行によって復興支援が行われていたにも関わらず、2001年5月に国軍兵士によるクーデター未遂事件が発生。同年11月、次いで2002年10月には大統領警護隊とフランソワ・ボジゼ元参謀長派の国軍兵士による武力衝突事件が発生している。
ボジゼはパタセによって干された国軍やコリンバ政権時代の有力者達から支持を受けており、特に2002年10月の武力衝突の際には国軍兵士の相当数がボジゼに加担した。大統領警護隊だけでは手に負えず、パタセはリビアとコンゴ民主共和国(元ザイール)の助けを借りてかろうじて鎮圧に成功した。

2003年3月、パタセの外遊中にボジゼが三度クーデターを起こし、これに成功すると大統領就任を宣言した。また、ドサクサに紛れた市民が略奪、破壊、放火を行ったため、商店をはじめ政府や外国人関係の施設が大きな被害を受けた。大統領から市民まで、揃いも揃ってどうしようもない国である。
ちなみに、このクーデターの際には現地に進出する外資系企業の事務所や日本企業の駐在員の住宅に、兵士や市民が強盗に押し入っている。各国は大使館を閉鎖し、殆どの外国人が国外に退去してしまった。だからさぁ・・・そういうことするから外資が逃げるんだってば。中央アフリカ国民よ、自分で貧乏を加速させてどうする。
在中央アフリカ日本大使館はこのときに閉鎖され、それ以来今日までカメルーン大使がこの国の担当を兼任する状態が続いている。

フランソワ・ボジゼ大統領ボジゼは軍出身者だが後に政界に転じ、1979年にはダッコ政権で国防大臣に就いている。続くコリンバ政権でも大臣を務め、1993年には大統領選にも出馬している。2001年5月に国軍兵士の一部と共にクーデターを計画するが未遂に終わり、チャドに逃亡した。以後、国軍内のシンパと連絡を取りつつチャドから機会を窺っていた。
クーデターによって帰る場所を失ったパタセはトーゴに亡命し、「チャドやその背後にいるリビアがボジゼを炊きつけて中央アフリカに傀儡政権を作ろうとしている」と批難したが、チャドのイドリス・デビ大統領にあっさりと否定されている。

ボジゼ暫定政権は2004年に新憲法を国民投票で採択した後、2005年5月に大統領選挙を実施。ボジゼはこれに勝利して、正式に大統領に就任した。しかし、国軍からの支持が厚いボジゼといえども、相変わらず公務員への給料遅配問題は解決できておらずストライキが頻発しており、予断を許さない状況が続く。
また、中央がゴタついたことで地方への統治が緩み、周辺国との国境地帯では盗賊や武装勢力が跋扈するようになった。特に北部で暴れる反政府武装勢力は強力で、約4万人の難民が発生している。この武装勢力はチャドからの支援を受けていると思われるが、北部地域の分離独立を唱えているわけでもなく、またフランス軍が駐留していることから内戦に突入する可能性は低い。

《中央アフリカ編 終了》

スポンサーサイト



テーマ : アフリカ - ジャンル : 海外情報

19:01  |  中央アフリカ共和国  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |