2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.12.29 (Fri)

「中央アジアの変な国」トルクメニスタンの独裁者ニヤゾフ大統領、死す

皆さんは、ロシアとイランの間にある「謎の永世中立国」トルクメニスタンをご存知か?1991年にソ連が崩壊して独立した国で、豊富な石油や天然ガス資源が眠っていることから近年注目されている。
しかし、そこは旧ソ連の国。普通の国なわけが無い。国家元首であるサパルムラト・ニヤゾフ大統領の存在によって、この国は「変な国・バカな国マニア」から熱い注目を集めてきた。

ソ連崩壊前からこの国に君臨していたニヤゾフの独裁体制は1991年の独立以降も揺るがず、2002年には「終身大統領」に就任して専制君主同然の存在となっていた。ニヤゾフは自身を神格化させ、極端な個人崇拝を推し進めていたことから、欧米諸国では「中央アジアの北朝鮮」「北朝鮮の次に報道の自由のない国」として悪名高い。
にゃおんちゃんはトルコに留学しているトルクメニスタン人と話したことがあるが、ニヤゾフについて質問したところ「彼については何も語りたくない」と質問を拒絶されたことがある。


幸いなことに石油や天然ガスを産出するこの国はそれなりに裕福なため、北朝鮮のような悲惨な状態にはなっていない。また、ニヤゾフは金正日と違って石油や天然ガスを武器に積極的な外交政策を展開し、1995年には国連から永世中立国としての認定を受けている。このような経緯から周辺国やアメリカなどとの関係もそれなりに良好で、北朝鮮のような袋叩きには遭っていない。
「うちの石油・ガスを高く買ってくれれば、どこの国とでも仲良くします」「我が国は領土的野心は無いので永世中立国を宣言します」という外交政策によって国際社会から体制保障を取り付けたわけだ。もっとはっきり言うと、「ワシャ外の世界のことには興味無いんじゃ。石油や天然ガスを高く買ってくれれば満足なんじゃ。だから、ワシの国のことに口出しせんでくれ!」ということ。

これによって国際社会から体制についてお墨付きを得たニヤゾフは奇妙奇天烈な政策を次々と打ち出す。ニヤゾフが出した大統領令(独裁国家トルクメニスタンでは命令に等しい)を見てみよう。

・首都と大学を除き、全ての図書館を廃止
 →ニヤゾフ曰く「田舎の奴は字が読めないのだから必要ない」
・バレエ上演を禁止
 →ニヤゾフが「白鳥の湖の男性ダンサーの衣装が気に入らない」ため
・喫煙を禁止
 →ニヤゾフ曰く「煙草は健康に悪い。ワシも止めたのだから、お前らも止めろ」
・8月15日をメロンの日に制定
 →ニヤゾフの大好物がメロンだから
・首都ではほぼ50メートルごとに、ニヤゾフの肖像や銅像が設置されている
 →ニヤゾフは「トルクメンバシュ(トルクメン民族のリーダー)」だから


誰も逆らえない独裁体制を作り上げ、我が世の春を謳歌していたニヤゾフだったが、12月21日に66歳の若さで死亡した。かねてから糖尿病と心臓病を患っていたニヤゾフだが、死因については心臓発作と伝えられており、急な他界だった模様。

トルクメニスタンのニヤゾフ大統領死去 終身独裁制築く 

 終身大統領として、北朝鮮と並ぶ特異な独裁体制を中央アジアで築いたトルクメニスタンのサパルムラト・ニヤゾフ大統領(66)が21日午前1時10分(日本時間同5時10分)急死した。国営テレビは「心臓病のため」と伝えた。憲法の規定で2カ月以内に大統領選挙が実施されるが、長年にわたる独裁下で政党などは機能しておらず、後継問題をめぐって混乱が起きる可能性もある。

2006年12月21日 ロイター

独裁者が亡くなったとなれば国の方向性が大きく変わる可能性もあり、またこの国の豊富な地下資源を狙う周辺国や大国の思惑も絡むことから、今後トルクメニスタンがどのような方向に向かっていくのか注目が集まっている。
後継者も独裁的な政治を行うのか、はたまた民主的な国家へと変貌を遂げるのか。そして数々の奇妙奇天烈な施策はどうなってしまうのか。「中央アジアの変な国」の未来は如何に?



実は、いずれ「香ばしき国々」で取り上げようと思いコツコツと下調べをしていたのですが、ニヤゾフ死去によって頭の中に描いていたアイディアをぶっ飛んでしまいしまた。
とれあえずトルクメンバシュがあの世に旅立たれた、という報告をさせてくただきました。

スポンサーサイト
01:57  |  その他の香ばしき奴ら  |  TB(1)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.11 (Sat)

天皇陛下がテロリストと会談された件について

今日、ニュースサイトを見ていたら非常に不愉快な記事を見つけた。
一言言わせてくれい。


天皇陛下 ルワンダ大統領と会見

天皇陛下は8日、ルワンダのポール・カガメ大統領と皇居・宮殿で会見した。94年に約80万人が犠牲になった大虐殺などの内戦に話が及び、天皇陛下が「(その後)安定してきたと聞き喜ばしく思います」と語ると、カガメ大統領は「和解は大変なプロセスでしたが、人々が一緒に暮らしていく調和が築かれつつあります」と話したという。
その後、カガメ大統領は東京都渋谷区の国連大学でルワンダの復興について講演し、皇太子妃雅子さまが聴講した。

11月9日 毎日新聞





おいこら、外務省に宮内庁!
 
薄汚いテロリストを陛下に会わせるな!


このカガメという男、今では一応ルワンダの大統領ということになってるが、元はウガンダを拠点として活動していたツチ族ゲリラ組織「ルワンダ愛国戦線(RPF)」の親分だ。
陛下はルワンダの虐殺について触れているが、1994年にそのフツ族の虐殺をやらかしたのはこいつの手下だ。カガメ本人がどこまで関わっていたのか知る由も無いが、知らなかったわけがない。もっとも、その前にフツ族がツチ族を散々殺しまくったうえに国外追放してるわけで、「お互い様」と言えばそうなのかもれないが、だからといって大虐殺をやらかすような野郎を陛下に会わせないでくれ。

この悪党はフツ族をルワンダ国内で殺しまくって追い出したことに飽き足らず、兄貴分に当たるウガンダ大統領ヨウェリ・ムセベニやコンゴ民主共和国前大統領ローラン・カビラとグルになって、コンゴ領内に逃げたフツ族まで追いかけて殺しまくった野郎だ。
しかも、チェ・ゲバラも愛想を尽かしたバカゲリラの頭目カビラに散々武器を売りつけてモブツ政権崩壊寸前のコンゴ(当時はザイール)に内戦を招き、売りつけた武器の代金としてコンゴ国内のダイヤモンド鉱山を今現在も不法占拠してるような奴だ。

外務省、お前らもこんな奴にビザを出すんじゃないよ!
どうせ金をせびりに来たんだろうが、ダイヤモンド鉱山で儲けた金を軍事費に注ぎ込んでるんだから、金なんかくれてやる必要は無いぞ。手錠をはめて国際刑事裁判所に連行しちまえ。

なに?一応選挙で選ばれた大統領だと?
ふざけんな、バカ野郎。フツ族が皆逃げ出しちまった状態で選挙をやって、まともな大統領になるわけがないだろ。だいたい、得票率95%って異常だろ。

政治家に清廉潔白など求めちゃいないが、それにしても限度がある。インチキ選挙が根拠になるなら、フセインだって金正日だって民意によって選ばれた正当な国家元首になっちまう。
もしチェチェン・ゲリラがロシア軍を追い払って独立を果たし、死んじまった野戦指揮官シャミーリ・バサーエフが何かの間違いで大統領になっていたら、お前らはあのキチガイを「独立国家チェチェン共和国」の国家元首として陛下に会わせるのか?
ウガンダの鬼畜ゲリラ「神の抵抗軍(LRA)」がまかり間違ってムセベニ政権を打倒してその親玉ジョセフ・コニーがウガンダの大統領になっちまったら、何事も無かったかのようにビザを与えて入国させるのか?

にゃおんちゃんに言わせれば、カガメもバサーエフやコニーとたいして変わらんぞ。


こんなボケと会見しなくちゃいけない陛下がお労しいです。


陛下とカガメの会見の様子

00:12  |  その他の香ばしき奴ら  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2006.03.09 (Thu)

「世界の香ばしき国々」に関するお願い

ビクビクしながら始めた「世界の香ばしき国々」シリーズですが、おかげさまで好評です。

当ブログの看板コーナーになりつつあるようで、あれを更新するといきなりアクセスが増えます。でも、コメントはつかないし、しばくするとアクセスも激減します。皆、シビアだなぁ・・・。
もっとも、過疎ブログとしてひっそりと書きたいときに書きたいことを書いてやろうと思ってるだけで、人気ブログになってやろうなんて野心は全く無いから、いいんですけどね。

さて、様々な筋から「速やかに更新せよ」という圧力が掛かっている「香ばしき国々」ですが、世界に香ばしい国なんてそんなにたくさん無いんです。多分、30ヶ国くらいじゃないかと。前回のハイチが強烈だったらしく、次回もあのクラスを期待している人が多いようですが、あんな強烈な国なんてそんなに無いんです。だいたい、この調子で更新していたら、1年ちょっとで終わっちゃいます。
まぁ、「え?そんな国を取り上げるなんてアリか?」と言われそうな卑怯な手も用意してますけどね。そうでもしないと数を稼げない。w


さて、皆様にお願いが。

1.前述のように、ハイスピードで更新するとあっという間に終わるシリーズです。よって、じんわり更新するので気長にお待ちください。しかも、あれ一本書くのに一週間かかるんですよ。
今のところ創作意欲に燃えているので頑張って書いてますが、そのうち燃え尽きると思うので、あまり期待しないでください。w

2.リクエストは受け付けます。もちろん、それに応えるとは限りませんけどね。
傾向としては、香ばしい人物や出来事が無く、ひたすら血みどろの内戦が続いてるとか飢餓地獄と化してるだけという国は書きづらい、と申し上げておきます。

3.内容に誤りを発見した場合は遠慮なくお知らせください。

4.たまに酷いことを書きますが、笑って読み流してください。

5.何でも結構ですので、コメントつけてくれると嬉しいです。


よろしくお願いします。

さて、次回の香ばしき国々シリーズは、某大きい人からのリクエストに応えて、アフリカの某国を取り上げる予定です。

テーマ : ごあいさつ - ジャンル : 日記

20:42  |  その他の香ばしき奴ら  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。