2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.04 (Tue)

【サカつくEU その16】2009-2010シーズン終盤

第28節(H)
レアル・グラナダ vs アスレティック・ビルバオ ○ 2-0
得点者:メンドーサ、コロラド

第29節(A)
レアル・グラナダ vs ヴィジャレアル △ 1-1
得点者:ブラニ

第30節(H)
レアル・グラナダ vs バレンシア △ 0-0

第31節(A)
レアル・グラナダ vs マラガ ○ 2-0
得点者:ジャジェジェ2


3月を2勝2分けで終えたレアル・グラナダ。それに対して首位レアル・マドリードは突如黒星を重ね、勝ち点差6があっという間にひっくり返ってしまった。ゲーム開始後4年目にして初の首位へ (・∀・)♪
しかし、勝ち点差1で2位レアル・マドリード、勝ち点差2で3位FCバルセロナが後ろに控えており、負けられない戦いが続く。

スランプに陥っていたブラニが無事復調。ニノは再びベンチが定位置になってしまったが、良い働きをしてくれた。
と思ったらディオゴとデウミが代表(ウルグアイ、カメルーン)に召集されるようになり、Aマッチに参加するたびにとんでもない疲労を溜めて帰ってくるのだ。勘弁してくれ。


第32節(H)
レアル・グラナダ vs カディス ○ 2-0
得点者:ビーズリー、ジャジェジェ

スペインプライムカップ決勝(N)
レアル・グラナダ vs アトレティコ・マドリード ○ 1-0
得点者:メンドーサ


決勝戦なので中立地で迎えたこの一戦。しかし、場所はサンティアゴ・ベルナベウで相手はマドリードを拠点とするアトレティコ。こっちにとってはアウェイに等しい戦いではないか!グラナダからはどのくらいのサポーターが駆けつけてくれたのだろうか・・・。

試合は開始早々にメンドーサが先制し、虎の子の1点を守りきって勝利。

レアル・グラナダ、スペインプライムカップ初優勝!

優勝とはいいものだなぁ・・・。
賞金5億円とこれまでの貯金でクラブハウスの施設をLV2にして、練習場も増設する。
しかし、リーグ戦を制してこそ真の王者。リーグタイトルも手に入れるぞ!


第33節(A)
レアル・グラナダ vs エスパニョール ○ 2-1
得点者:コロラド、デシャン

第34節(H)
レアル・グラナダ vs レアル・マドリード △ 1-1
得点者:メンドーサ


4月を2勝1分けで終えたリーグ戦だが、FCバルセロナが3連勝して首位へ。
レアル・グラナダは勝ち点差1で2位に。これはもう残り試合全部勝たないと・・・。


第35節(A)
レアル・グラナダ vs アトレティコ・マドリード ○ 2-0
得点者:ブラニ、ビーズリー

第36節(H)
レアル・グラナダ vs デポルティボ・グラナダ △ 1-1
得点者:ジャジェジェ


エストデーラ氏率いるデポルティボ・グラナダに引き分けてしまい、勝ち点差が3に・・・。
こっちは得失点差で圧倒的に劣るので、FCバルセロナは次節で勝利したら優勝が決まる。
エストデーラめ、余計なことしおってからに。


第37節(A)
レアル・グラナダ vs レアル・サラゴサ ○ 1-0
得点者:ジグリオッティ

第38節(H)
レアル・グラナダ vs マジョルカ ○ 1-0
得点者:ジグリオッティ


最終節でFCバルセロナが負けたので勝ち点86で並んだが、得失点差でFCバルセロナが優勝。
悔しい・・・。今シーズンは無敗だったのに優勝できなかった・・・。




【2009-2010 リーガ・エスパニョーラ プリメーラ・ディビジオン】

レアル・グラナダ 24勝14分け 勝ち点86 2位

優勝:FCバルセロナ
MVP:リケルメ(ヴィジャレアル) 評価点6.64
得点王:ラウール(レアル・マドリード) 19得点




続いて個人成績を発表。リーグ戦のみの成績です。

1  GK コレイドラ・マリア   7試合 0得点 評価点:5.77
13 GK ヨースト・テロル   31試合 0得点 評価点:5.85


テロルが正キーパーに定着しましたが、フィルダーと比較すると評価点が低い。うちのキーパー陣はチームのレベルに見合っていないのでしょうか?
実際、テロルは中途半端な飛び出しで失点することが多く、できれば強力なキーパーを獲得したいところ。


2  DF ドワイト・ティエンダッリ  18試合 0得点 評価点:5.88
4  DF バルフィー          1試合 0得点 評価点:6.00
5  DF カサパ            37試合 0得点 評価点:6.03
6  DF カルロス・ディオゴ     33試合 1得点 評価点:6.24 ベストイレブン
23 DF アルマンド・デウミ     33試合 1得点 評価点:6.30 ベストイレブン
24 DF アドリアン・トゥイッソン   38試合 1得点 評価点:6.14
25 DF クラーク・カーライル    0試合 0得点 評価点:なし
27 DF ニコラ・アウブリオ      7試合 0得点 評価点:5.70


ディフェンス陣はトゥイッソン、カサパの2人は怪我も無くほぼ全試合出場。特にカサパは危機察知能力に優れていて幾度も失点を防ぎ、素晴らしい活躍をしてくれました。
ディオゴとデウミは代表に召集されるようになり、コンディション維持に苦しんだ1年に。それでもベストイレブンに選出されるのはさすが。


7  MF デ・リッデル         15試合 1得点 評価点:5.70
8  MF ダマルカス・ビーズリー  36試合 6得点 評価点:6.26 アシスト王
12 MF ジェレミー・クレマン    12試合 0得点 評価点:5.76
15 MF アントニ・オシオ       8試合 1得点 評価点:5.45 AGOVV(オランダ2部)へレンタル
19 MF ケメル・ブラニ        35試合 6得点 評価点:6.03
20 MF ニノ              17試合 0得点 評価点:5.49
21 MF アレックス・コロラド     35試合 3得点 評価点:5.90
23 MF スチュワート・グリーン   38試合 5得点 評価点:6.01


中盤はビーズリー、ブラニ、コロラド、グリーンの4人で固定。ビーズリーはアシスト王に。
ブラニがスランプでお休みしていた時期には、ニノが4試合で5アシストという活躍を見せました。
ビーズリーが加入して以来控えになってしまったニノですが、文句も言わずいつも良い準備をし、出番が来たときにはきっちり活躍してくれます。こういう控え選手はチームの財産ですね。


9  FW ジャンニ・オルティス     32試合14得点  評価点:5.65 ブレスト(フランス2部)へレンタル
10 FW ホセ・エミリオ・メンドーサ  31試合10得点 評価点:6.20
14 FW フランク・ジャジェジェ     25試合 5得点 評価点:5.63
22 FW ギローム・デシャン      19試合 4得点 評価点:5.55
11 FW ダヴィド・ジグリオッティ    38試合15得点 評価点:6.13


ジグリオッティが15得点で得点ランキング2位に。メンドーサも出場試合が少し減ったにも関わらず10得点。
成長著しいジャジェジェを積極的に使いましたが、結果は5得点。殆どは途中出場とはいえ、スタメンに抜擢した試合も多かったことを考えると少し物足りない。デシャンはいまいち成長せず、ジャジェジェの台頭もあって来シーズンが正念場となります。
オルティスはフランス2部リーグへ修行に出したところ、得点王となりました。

スポンサーサイト
22:40  |  目指せビッグイヤー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.03 (Mon)

【サカつくEU その15】2009-2010シーズン中盤

スペインプライムカップ 1回戦(H)
レアル・グラナダ vs テネリフェ ○ 2-1
得点者:ジグリオッティ、デシャン

第15節(A)
レアル・グラナダ vs レアル・マドリード ○ 2-0
得点者:グリーン、ビーズリー

ヨーロピアンリーグ・グループG 第6節(H)
レアル・グラナダ vs ピレウス ● 1-4
得点者:グリーン

第16節(H)
レアル・グラナダ vs アトレティコ・マドリード ○ 2-1
得点者:メンドーサ、コロラド

スペインプライムカップ 2回戦(A)
レアル・グラナダ vs セルタ ○ 3-0
得点者:グリーン、ジグリオッティ、メンドーサ

第17節(A)
レアル・グラナダ vs デポルティボ・グラナダ ○ 2-1
得点者:ビーズリー、ジャジェジェ


リーグ戦では13節から5連勝、カップ戦も順調に勝ち進むが、ヨーロピアンリーグではまたしても大敗して最下位決定。くぅ・・・(;つД`)
12月を終えて勝ち点37で2位に浮上。しかし、首位レアル・マドリードのと差は勝ち点6。何せ取りこぼししてくれないので、直接対決で叩いても一向に差が縮まらない。


第18節(H)
レアル・グラナダ vs レアル・サラゴサ ○ 1-0
得点者:メンドーサ

スペインプライムカップ 準々決勝(A)
レアル・グラナダ vs レアル・ベティス ○ 3-1
得点者:メンドーサ、ビーズリー、ジャジェジェ

第19節(A)
レアル・グラナダ vs レアル・サラゴサ ○ 4-0
得点者:メンドーサ2、グリーン、デ・リッデル

第20節(A)
レアル・グラナダ vs FCバルセロナ △ 0-0

第21節(H)
レアル・グラナダ vs ヘタフェ ○ 2-0
得点者:ディオゴ、ブラニ

スペインプライムカップ 準決勝(A)
レアル・グラナダ vs FCバルセロナ ○ 1-0
得点者:メンドーサ

第21節(A)
レアル・グラナダ vs レアル・ソシエダ △ 1-1
得点者:グリーン


1ヶ月で7試合をこなす過密日程となった2010年1月だが、5勝2分けで乗り切った。
ここまでいまいちパッとしなかったメンドーサが5ゴールと大活躍。
しかし、相変わらず首位との差は縮まらない・・・。


第22節(A)
レアル・グラナダ vs レアル・ソシエダ △ 1-1
得点者:グリーン

第23節(H)
レアル・グラナダ vs レアル・ベティス ○ 1-0
得点者:メンドーサ

第24節(A)
レアル・グラナダ vs ラシン・サンタンデール ○ 1-0
得点者:ジグリオッティ

第25節(H)
レアル・グラナダ vs セルタ ○ 1-0
得点者:ジグリオッティ

第26節(H)
レアル・グラナダ vs セヴィージャ ○ 2-1
得点者:メンドーサ、ジグリオッティ

第27節(A)
レアル・グラナダ vs デポルティボ・ラ・コルーニャ △ 3-3
得点者:グリーン、ジグリォッティ2


2月を終了。27試合を消化して未だリーグ戦無敗の我がレアル・グラナダ。
なのにどうして首位との差が縮まらないのだ。ムカつく。

さらに、ブラニが突然スランプに陥ってしまう。ビーズリーを右サイドハーフへ移し、空いた位置にニノを入れる。能力ではブラニに若干劣るものの、長年チームに在籍しているので戦術理解度も高く、他の選手との連携も良い。ブラニのようなドリブル突破は無いが、スピードを生かしてスペースへ飛び込むプレーで決定機を演出する。ニノ、いいじゃん!



さて、2月といえばポンセ代表が選手を強奪する季節。

DF アルバロ・メヒア  スペイン 26歳
  181cm 71kg 右利き
  年俸:1億1,000万円 評価:C
  ポリシー:25 プレイスタイル:センターバック、スイーパー
  レアル・マドリードから移籍金なしで獲得


久しぶりのスペイン人選手です。レアル・マドリードでは控えでしたが能力は高いです。
うちのセンターバックは二人ともスピードが無いので、スピードのあるこの選手に期待がかかります。

DF パウル・ザイム  オランダ 19歳
  176cm 66kg 左利き
  年俸:5,500万円 評価:C
  ポリシー:16 プレイスタイル:切り込み
  フェイエノールトから移籍金なしで獲得


左右両サイドバックをこなす若手。サイドバックはトゥイッソン、ディオゴ、アウブリオの3人で今のところはやりくりできているのだが、ディオゴが代表に召集されて抜けてしまうことが多いのでバックアッパーとして獲得。
といっても若くて伸びしろがあるので、将来はトゥイッソンを脅かす存在になってくれるでしょう。

また、今年も選手の放出はありません。
本当はポストプレイができるフォワードをもう1人取りたいところなのですが、手頃な選手が見つからず。
若手のオルティスはともかく、ジャジェジェとデシャンにはそろそろレギュラーを脅かす存在になってもらわないと困ります。

19:34  |  目指せビッグイヤー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.02.27 (Wed)

【サカつくEU その14】2009-2010シーズン序盤

2009-2010シーズン(ゲーム開始後4年目)の幕開けです。
昨年は2位になったので、今年は優勝を目指します。

移籍金なしの強奪補強に加えて既存選手の強化も着々と進み、選手層もだいぶ厚くなってきたレアル・グラナダは、ダカール(フィジカル強化)、カイロ(攻撃力強化)、アイントホーフェン(戦術強化)と3連発のキャンプを敢行。
選手の疲労はかなり溜まりますが、能力向上に加えて試合勘も養われますし、グラナダに戻ってから開幕まで1ヶ月あるので大丈夫でしょう。

キャンプ地での練習試合の結果は次のとおり。

プレシーズンマッチ(A)
レアル・グラナダ vs カイロ △ 1-1
得点者:デシャン

プレシーズンマッチ(A)
レアル・グラナダ vs エヌグ ○ 3-1
得点者:メンドーサ2、グリーン

プレシーズンマッチ(A)
レアル・グラナダ vs カイロ △ 1-1
得点者:ブラニ

プレシーズンマッチ(A)
レアル・グラナダ vs チュニス ○ 2-1
得点者:ニノ、デシャン

プレシーズンマッチ(A)
レアル・グラナダ vs リエージュ ○ 1-0
得点者:トゥイッソン

プレシーズンマッチ(A)
レアル・グラナダ vs PSV ● 1-2
得点者:デシャン


いずれのキャンプも上手くいったようで、チームは短期間で大きな成長を遂げました。
さあ、優勝目指すぞ!



第1節(H)
レアル・グラナダ vs FCバルセロナ △ 2-2
得点者:ジグリオッティ2

ヨーロピアンリーグ・グループG 第1節(A)
レアル・グラナダ vs ピレウス ○ 1-0
得点者:ブラニ

第2節(A)
レアル・グラナダ vs ヘタフェ ○ 3-1
得点者:ビーズリー、ブラニ、ジグリオッティ


8月は3試合を行い、負け無し。
ヨーロピアンリーグ(チャンピオンズリーグ)でもギリシャのピレウスに勝利。
ピレウスの強豪チームってことは、「パナシナイコス」だね?


第3節(H)
レアル・グラナダ vs レアル・ソシエダ ○ 2-0
得点者:ジグリオッティ2

第4節(A)
レアル・グラナダ vs レアル・ベティス △ 1-1
得点者:メンドーサ

第5節(H)
レアル・グラナダ vs ラシン・サンタンデール △ 0-0
 
ヨーロピアンリーグ・グループG 第2節(H)
レアル・グラナダ vs インテル・ミラノ ● 1-2
得点者:ティエンダッリ

第6節(A)
レアル・グラナダ vs セルタ ○ 2-1
得点者:ブラニ、メンドーサ


9月はリーグ戦無敗で終わるも、下位のラシン・サンタンデール相手にホームでドロー。こういう取りこぼしはいけない。
ヨーロピアンリーグではイタリアの強豪インテルにシュートの雨あられを浴びせられる。終了間際に1点を返したものの、力の差は歴然。

得点力不足を痛感したレアル・グラナダは攻撃的な戦術を採ることに。


第7節(A)
レアル・グラナダ vs セヴィージャ △ 1-1
得点者:グリーン

第8節(H)
レアル・グラナダ vs デポルティボ・ラ・コルーニャ △ 2-2
得点者:トゥイッソン、ジグリオッテイ

ヨーロピアンリーグ・グループG 第3節(H)
レアル・グラナダ vs レンジャーズ △ 2-2
得点者:メンドーサ、ジャジェジェ

第9節(A)
レアル・グラナダ vs アスレティック・ビルバオ ○ 1-0
得点者:ジグリオッティ

第10節(H)
レアル・グラナダ vs ヴィジャレアル △ 1-1
得点者:デシャン


引き分け地獄に苦しむ10月。得点は増えたものの失点も増えてしまい、意味無し。
勝ち点18で第6位。大丈夫なのか?


ヨーロピアンリーグ・グループG 第4節(A)
レアル・グラナダ vs レンジャーズ △ 1-1
得点者:ビーズリー

第11節(A)
レアル・グラナダ vs バレンシア ○ 2-1
得点者:デウミ、デシャン

第12節(H)
レアル・グラナダ vs マラガ △ 1-1
得点者:デシャン

第13節(A)
レアル・グラナダ vs カディス ○ 2-0
得点者:ビーズリー、ジグリオッティ

ヨーロピアンリーグ・グループG 第5節(H)
レアル・グラナダ vs インテル・ミラノ ● 0-4

第13節(H)
レアル・グラナダ vs エスパニョール ○ 1-0
得点者:ブラニ


リーグ戦では3位まで浮上したものの、ヨーロピアンリーグではインテル相手に屈辱の4失点。
この大敗によって決勝トーナメント進出はかなり厳しくなった。せめて次のピレウス(パナシナイコス)戦は引き分けで乗り切って3位を確保したい。3位ならヨーロピアンカップ(UEFAカップ)に回れるし。
失点が増えただけでさっぱり勝利に結びつかない攻撃的戦術を捨て、バランス重視の戦術に戻すことに。

21:46  |  目指せビッグイヤー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.02.26 (Tue)

【サカつくEU その13】2008-2009シーズン終盤

1部リーグに昇格して2年目の終盤。2位をキープしています。

第35節(H)
レアル・グラナダ vs マラガ ○ 1-0
得点者:メンドーサ


マラガに勝利したものの、残り3試合を残して勝ち点差12でレアル・マドリードの優勝が決定。
レアル、強すぎだってば。


第36節(A)
レアル・グラナダ vs マジョルカ ● 0-1

第37節(A)
レアル・グラナダ vs レアル・サラゴサ ○ 3-0
得点者:ブラニ、グリーン、ジグリオッティ

第38節(H)
レアル・グラナダ vs ヘタフェ ○ 2-1
得点者:ジグリオッティ、ブラニ


これにて2008-2009シーズン終了。お疲れ様でした。
2位にはなったものの、8敗もしてるんですよね。これじゃ優勝なんて無理ですよね。



【2008-2009 リーガ・エスパニョーラ プリメーラ・ディビジオン】

レアル・グラナダ 22勝8敗8分け 勝ち点74 2位

優勝:レアル・マドリード
MVP:ビセンテ(レアル・マドリード) 評価点6.64
得点王:ラウール(レアル・マドリード) 16得点



すみません、マヌケなポンセ代表が選手の個人記録を取り忘れました。

よって今シーズンの個人記録は無し。
特筆すべき点はエースのメンドーサが13得点、新加入のジグリオッテイが12得点を稼ぎ、それからカサパが割とすぐにフィットして守備陣のリーダーとなってくれたことでしょうか。


それから2月に例によってポンセ代表が移籍金の発生しない選手を強奪しています。

DF アルマンド・デウミ  カメルーン 24歳
  185cm 75kg 右利き
  年俸:1億0,600万円 評価:B
  ポリシー:13 プレイスタイル:センターバック
  FCトゥーン(スイス)から移籍金なしで獲得


スイスの弱小チームでプレイしていた無名選手だが、ポンセ代表が発掘してきた。
カメルーン人だが何故かイラストでは白人。本物は現在はトルコの「ガズィアンテプスポル」所属の選手で、思いっきり黒人なんですけど・・・。このゲームには黒人のリトアニア人が出てきたり、どうもよく分からない。
カメルーン出身だけあって圧倒的なフィジカルを有する。

MF ジェレミー・クレマン  フランス 23歳
  182cm 74kg 左利き
  年俸:6,900万円 評価:C
  ポリシー:24 プレイスタイル:プレイメーカー
  リヨンから移籍金なしで獲得


カサパに続いてリヨンから強奪してきた選手。レギュラーではなかったようだが、左サイドハーフとボランチをこなし、エレガントなプレーを得意とする。

FW ジャンニ・オルティス  ボリビア 18歳
  181cm 73kg 右利き
  年俸:2,700万円 評価:D
  ポリシー:25 プレイスタイル:アタッカー
  ユースから昇格


ユース監督と強化部長からお勧めされたので、ユースからこの選手を獲得しました。
うちのユースから初めての昇格選手です。
この選手、18歳なのにMっぱげなんです。プレイよりもそっちのほうが気になります。



2位になったことで22億円の賞金が入ってきたので、このお金で「大規模スタジアム」を建設。
最初は30,000人で、スタンドを増設すれば40,000人まで収容できるようになります。
屋根をつければワールドカップだって開催できちゃいますよ!

それから、北ヨーロッパにも海外拠点を開設しました。
これで北欧からも良い選手を取りやすくなります。ノルウェーを除く北欧3ヶ国はEU加盟国なので外国人枠も気にしなくて済みますし。




2009-2010シーズンの準備へ。

メインスポンサー:ル・ボンドン(5億8,000万円:旅行)
サブ・スポンサー:ヨルゲニムカメラ(3,870万円:カメラ)、アフリクマップ航空(2,520万円:旅行)、Manstresin(6,570万円:人材派遣)、ペナプロス(2,790万円:文具)、Uajohnei(4,230万円:石油)
ユニフォームサプライヤー:ランドン(7,200万円)
TV局:ノンデミックスTV(3億3,345万円:南米南部)、WoodenihatTV(2億2,075万円:北ヨーロッパ)

2006-2007シーズンの経営方針
年間広告費:3億6,000万円
チケット料金:4,500円
シーズンチケット割引:10%
シーズンチケット販売枚数:5,000枚
(スタジアム収容人数:30,000人)

世界クラブランク:256位(前年度321位)


スタジアムを拡張したので、チケット料金は据え置きのままです。でもシーズンチケットの売り上げが伸びているので、人気は着実に上昇している模様。
世界クラブランクも200番台になりましたが、周辺のチームは2部の中堅チームばかり。クラブとしての格はまだまだ低いままです。

それからスポンサーですが、ル・ボンドンさんのおかげでダカール(セネガル)が、アフリクマップ航空さんのおかげでカイロ(エジプト)が新たにキャンプ地に加わりました。
どちらも高い効果が望めるキャンプ地です。


今シーズンは全員と契約更改しています。昨年のメンバーに補強選手が加わったのみで、放出となった選手はいません。

今シーズンの基本フォーメーションは次のとおり。

レアル・グラナダ 4-4-2 DV

GK 13 テロル
DF 16 トゥイッソン
DF  5 カサパ
DF 23 デウミ
DF  6 ディオゴ
MF 17 グリーン
MF 21 コロラド
MF  8 ビーズリー
MF 19 ブラニ
FW 10 メンドーサ
FW 11 ジグリオッティ

   10 11
-------
8       19
   17 21
-------
16  5 23  6
-------
    13

【Substitute】
GK  1 マリア
DF  3 アウブリオ
DF  2 ティエンダッリ
MF  7 デ・リッデル
MF 20 ニノ
FW 14 ジャジェジェ
FW 22 デシャン


デウミが加わったことにより、ティエンダッリがサブへ。
サブからも弾き出されたカーライルは移籍リスト掲載です。
カーライルはフィジカルが弱いのが弱点なのですが、30歳の彼にいまさらフィジカルの強化は望めません。

去年が2位だから、今シーズンの目標はやっぱり優勝?
ゲーム開始から4年目。5年前は3部リーグ所属だったのに、優勝目指していいのか?

いいんです!(川平慈英風に)

20:05  |  目指せビッグイヤー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.02.25 (Mon)

【サカつくEU その12】2008-2009シーズン中盤

ゲームを開始して3年目、1部リーグに昇格して2年目のシーズンです。
もはや2部降格に怯えるレアル・グラナダではありません。
名だたる強豪チーム相手にどこまでやれるか、腕試しの1年です。
シーズンの半分を終えて、首位から大きく離されているとはいえ、現在2位をキープ。


第23節(H)
レアル・グラナダ vs レアル・マドリード ○ 2-0
得点者:メンドーサ2

第24節(A)
レアル・グラナダ vs オサスナ ● 0-1

第25節(H)
レアル・グラナダ vs アスレティック・ビルバオ △ 1-1
得点者:ビーズリー

第26節(A)
レアル・グラナダ vs ヴィジャレアル ○ 1-0
得点者:メンドーサ


(*゚∀゚)=3 ムハーッ!ホームでもレアル・マドリード撃破!
しかし、下位のオサスナ相手に負けてせっかくの金星も意味無し。しっかりしろ!



続いて、「ワールドクラブカップ」なるカップ戦に出場。世界各国から8チームが参加するトーナメントで、初戦はカメルーンのヤウンデ。カメルーン・プレミアリーグの強豪「キャノン・ヤウンデ」がモデルかな?

ワールドクラブカップ1回戦(N)
レアル・グラナダ vs ヤウンデ ● 0-1


(;´д`) またしても1回戦敗退・・・。


リーグ戦は終盤に突入。
依然として2位のレアル・グラナダ。しかし、首位レアル・マドリードとの勝ち点差は9。
優勝は無理かな・・・。


第27節(H)
レアル・グラナダ vs バリャドリード ○ 3-1
得点者:ジグリオッティ、カーライル、メンドーサ

第28節(A)
レアル・グラナダ vs デポルティボ・ラ・コルーニャ ○ 1-0
得点者:ニノ

第29節(H)
レアル・グラナダ vs エスパニョール △ 1-1
得点者:メンドーサ

第30節(A)
レアル・グラナダ vs セルタ △ 1-1
得点者:ジグリオッティ

第31節(H)
レアル・グラナダ vs レアル・ソシエダ △ 0-0
得点者:メンドーサ


29節から3試合連続ドローで、首位レアル・マドリードに追いつくどころか、3位のFCバルセロナが勝ち点差1まで迫ってきました。
3月を終えて残り7試合。優勝はもうだめぽ_〆(゚▽゚*)という状況ですが、4以内は死守せねば!


第32節(A)
レアル・グラナダ vs FCバルセロナ ○ 1-0
得点者:ビーズリー


(┯_┯) 大好きなFCバルセロナにカンプノウ(FCバルセロナのホームスタジアム)で勝てるなんて!
感激のあまり涙が止まらないポンセ代表。


第33節(H)
レアル・グラナダ vs レアル・ベティス △ 2-2
得点者:メンドーサ、ジグリオッティ

第34節(A)
レアル・グラナダ vs アトレティコ・マドリード ● 1-2
得点者:トゥイッソン


うーむ・・・勝てない。
レアル・マドリードの優勝はほぼ確定。次節にも決まりそうな勢いです。
目標を2位死守に切り替えるポンセ代表。

いいんですよ、うちは昨年1部リーグに昇格してきたばかりの新参者なんですから。
2位でも上出来です。

21:06  |  目指せビッグイヤー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。